SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野田稔 感情ルネサンスへの挑戦

感情ルネサンスへの挑戦
豊かな組織感情を求めて

野田稔さん

最初のきっかけはプロジェクトX
意外と人生が変わることが多い
VTR明けには、皆泣いている(自分のことなのに)
そのとき、どんな気分だったか。

疑問、興味
ビジネスは感情を出してもいいのだ。正しく感情をだすことも大切だ。
感情はよくわからない。
現象面からは深いことがたくさん起こっている。

DON’T THINK Just Feel!
J.Feel の名前の由来

スキットDVD(観賞)

日本の感情が壊れている

今までは感情の安全弁が社会的にあった。ギリギリのところで止まっていた。

白々しい正解。
ひとつひとつは正しかった。
部分最適の積み重ねが、全体正解ではなかった。
でも、グローバルスタンダードだとおもって実行していた。
目の前のことを、乗り切るしかなかった。

今、あなたは?

ほんの数年のことと思っていたことが、15年続いている。
競争しない日本。超一流の三流国家を目指す?

「中堅崩壊」 ミドルマネジメントの研究をしていた。
つらい話が多い。ミドルだけではなく、他の層もかなり傷ついている。
新入社員が放置されている。
若手社員は塩漬け(任されてそのままそれだけ)
孤立感が高まっている
ミドルは多重責務者

プレイングマネージャーは悪くないが

多階層化している。
部長以上が多階層化している。
そのツケが課長にきている。

個人の心が疲れ果てている。他人のことに興味がない。
構造的なところを変えなくてはいけない。
でも、それだけではない。
日本の感情を変えなくてはいけない。


上司も部下もちょっとずつ負担だけど、大切だと思って、飲みに行っていた。

家族も変わった。
女性の社会進出も増えた。疲れている。

会社を離れた仲間もいない

組織感情の問題

トヨタ自動車 仕事とコストには厳しい
人の心についての配慮もある。

全員が平均以上だから、細かな差をつける必要がない。
加点評価 厳しい目標
相対比較ではなく絶対評価  会社から信頼されていると感じる
頑張っても悪く評価される=平均を下回る恐怖

三井物産
新人を3年から9年に増やした
会社から長い目で見られている、


サイバーエージェント
CAJJプログラム 事業をつくる、人材を作る
成功したときの評価。ポスター
私の履歴書
自己発信を見合う、発信する
いろんな表彰をする。


感情に配慮すると、社員がポジティブになる。
ポジティブになると、結果がでる。
気にしているかどうか。評価する気があるかどうか。

仕組みの真ん中にある人の感情がある。
その感情があれば、回りだす。

幸せ、喜び、持続

今、私たちにできること。

キーワードは「配慮」
感情のマネジメント

前向きにやることと、説得してコンコンとやることでは、違う。

ポジティブな組織感情

物事に前向きの姿勢。挑戦心。相互信頼=コスト低減。
会社からの信頼を感じる


積極的に組織感情に向かい合う!

ミドルの力を高める
ミドルが互いに学びあい、支援しあう関係に変えたい
→リフレクション・ラウンドテーブル  ミンツバーグ先生
毎週1回75分語り合う。

ミドルのリーダーシップ、人材育成能力を高めたい
→心を動かすリーダーシップ



職場力を高める
不機嫌な職場を見つけ出し、その解決策を考えたい
→組織感情診断、リーディング
協力しあえる、活力ある職場に変えたい
→協力しあえる職場づくり(メンバーシップ開発)
→職場コミュニケーション力開発


会社づくり力を高める。
理念やビジョンを通じて共感の連鎖を起こしたい


感情力を開発する
感じる力、感情を表現する力を高めたい
人と人のつながりの大切さを共有したい

リフレクション・ラウンドテーブル

感情力開発トレーニング
シチュエーションプレイ。自信があって、不合格した人と、自信がなくて合格した人。
自分の喜怒哀楽がわかってくる。

職場の集合写真。ピースをしてにこやかに写真が取れる組織。
MBO ガルブレス先生(目標は個人で、目標追求する)


使命とは命を使うこと
フィードに出る前に、話をする。いく前に泣くくらい考える。

リーダーシップはエナジャイズすること

モチベーションの話
絶対に次回はドクターを呼ぶべき

感情の表出については本もたくさんあるが ポールエックマン
フセインが生きているときに映像が送られてくる
ディビット松本 日系3世

感情の読み取り訓練 ほんの0.1秒で読み取れる。

感情を読み取れなかったらどうなるだろうか。
感情の読み取りは文化に左右されない。

どういう表情をどこで出すべきかというのが文化




正しい感情とは何か?
もでレートな状態

ポジティブな感情が何のために存在するのかがわからない。
ネガティブは選択肢を狭めることで生存の可能性を高める
ポジティブは、長期的な可能性を広げる役割がるのではないか?

多幸感も行き過ぎると駄目になる。
緊迫感と多幸感のブレンド

不安というのは、非常にポジティブな役割がある。
感情を高める

尊敬しあえる、
他人に関係して望ましいことをさせること

人間として扱い、気をつけること
M的行動
メンテナンス行動

イベント 修羅場に対して機軸をぶらさない


ウィリアムジェイムズ
ジェーームズランゲ理論
笑っているうちに幸せになる

シャクター

我慢しているのは表出した方がいい。
笑っている状態をつくる。


30名の会社で大切なこと
認知。

不機嫌な職場
部下の人は上司にメッセージを伝えているようで、わかっていない。


グレートプレースTO Workfor
GPTWでスコアの高い会社は成果もいい。
の会社は
経営者と従業員の間に信頼感があるか

ボウリング・アローン
3,4人で来ているのに一人一人がやっている。
孤独なボウリング
ロバート・パットナム
一緒にいる方がはるかにいい
ベターTogether




スポンサーサイト
[ 2008/05/29 00:00 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)

星野佳路 リゾート再生事業への挑戦 

20080520夕学五十講リゾート再生事業への挑戦 星野佳路

4代目代表

過去数年間で宿泊観光市場は伸びていない
余暇は伸びている。海外旅行が伸びている。
円が安くなった部分で伸びている。
国内の余暇市場のすべてを海外旅行が飲み込む。
軽井沢は海外と戦っている。

毎年1800万人が海外旅行
海外からの旅行者は700万人
産業的には貿易赤字
日本は世界で32位。チェコやチュニジアと同じ。

フランスは人口6000万人なのに、7600万人を受け入れている
地方経済にとっては重要な収入源になっている
ワイン畑が観光名所になる。

観光大国になる3か条
知名度、交通アクセス、安全
日本は負けてないのに、なぜ来ないのか。
世界の七不思議と言われている

日本の宿泊業が
ボトルネックのひとつ

①資金調達
資金調達先が地銀に限定される。
オーナーは開発と運営と所有の3つをやらなくてはいけない
土地の担保力の範囲内で何をやるかしかない。

海外では、開発専用の会社がやる。
所有者と運営が違う場合が多い。資金を集める力がある。
リスクに合った利回りが得られるかどうか。
勝てる戦略なのかどうか。
集客できるリゾート=顧客志向のリゾート。

リゾートビジネスは、土地の価値がないものを高い値段に変えていくことにある。
日本の観光産業の利回りを高めていくことが大切。

星野リゾートは開発にも所有にもこだわらない。運営会社になる。
リゾート運営会社への変革

例えば、パークハイアットは東京ガスが所有して、ハイアットが運営。
所有と運営の分離
この3年の動き

家業から事業へ。
ゴールドマンサックスと組んでやっている。


問題点②
生産性

日本尾の産業別生産性
第3次産業の生産性はアメリカ100に対して日本は61
労働力の58%が第三次産業に投資されている。
競争力のある生産業(第二次産業)からサービス業(第三次産業)へ移管している。
非効率になっている流れ。
業界全体が

旅館業の生産性のスコアはアメリカの平均が100の場合「20」。

誰をベンチマークすればいいのか→トヨタ、日産 日本の製造業から学ぶ。
トヨタは60年前にGMに対して60分の1であった。

玉造温泉 島根県の再生を行っているがキーボードのパンチ練習からやる



星野リゾートのメニュー
生産性向上への取り組み
1. サービスチーム(マルチタスク)
2. 魅力志向のPULL機能(
3. CRMキッチン(カスタマーリテンション)
4. MFBA(フードプロダクション)
5. 沖縄コールセンター
6. サービスの標準化

例えば、日産の工場の生産性を上げるには歩数を計る。
歩数を少なくするにはどうすればいいか?ということを考える。
製造業OBの知識が活かせる


今まではスキなお客の満足度さえ確かめていればよかった。
投資家の要望にこたえて利益を出さなくてはいけない。
今までは顧客満足が利益を度外視して行われていた。



リゾート運営の達人になる

顧客満足度2.5
経常利益率20%


軽井沢 星のや 2005年リニューアル
市場調段階では不評だった。
温泉旅館には新しいサービスは不要である。
という結果だった。
基本的な事項への要望が高かった
チェックインの時間 食事の時間
ソフト面の改善が主になっている
夕食も料金に含めていない
旅館の食堂で食べているのは40%→連泊が増える
最高70泊連泊という人がいた。
水力発電、地熱暖房など、エネルギーの自給率75%


リゾート再生事業
リゾナーレ 山形県八ヶ岳
所有にこだわらないモデル運営の仕事をしようと思ったが民事再生で100%スポンサーに

再生プロセス
財務上の修正 市場調査→コンセプトの設定→戦略立案→5つの仕組み→マーケティングの継続

アルツ磐梯の再生2003年の7月から
トマム2004年4月から
温泉旅館再生事業 2005年から


星野リゾートとゴールドマンサックスの共同出資

山代温泉 白銀屋 築180年
投資金額と同程度のメンテナンスコストを落とした。
重要な文化資産への投資が行われる。

全国9箇所で温泉再生を行っている

再生プロセス
再生プロセス
財務上の修正 市場調査→コンセプトの設定→戦略立案→5つの仕組み→マーケティングの継続
基本的には供給過剰になっている。青森や 古牧温泉 最大の宴会場が1000人入る
売上が下がるとコストカットしていく。再生が入るときにはコストカットする要素はない。
売上を上げていくしかない。いい循環を作り始めることが大切。

コンセプト委員会を作る
コンセプト 誰に対して何をするか 実現するのは現地のスタッフ
コンセプトは正しいよりも、共感度が大切
マーケティング的に正しいというよりも、納得できるかどうか。
プレゼンすると拒否感がでる。参加してもらってつくってもらう。
いくつかオプションを持って選択してもらう。
そうすると、急に主体性が出てくる。

市場調査をして考えてもらって、選んでもらう。
選んでもらうプロセスは論理的でなくていい。
頭では良いと思っていても、なりたくないものにはなりたがらない。

地域の魅力のうえにコンセプトを立案する。
佐世保の魅力はオランダではないはず。

豊かな自然、温泉、郷土料理 海の幸 
大体どこでも同じ。どこにいってもそうなってしまう。

「方言」 楽しい。青森に来た感じがする。通じない旅館というコンセプト
反発が多い→のれそれ青森(もっともっと青森)をコンセプトに

今までは東京のホテルの身なりを目指していた。

宴会場のひとつを潰して じゃわめぐ広場を作った
ねぶたを1年間おいてある みちのく祭り 毎晩祭りの料理がある
あっちゃのばんげまんま

ソフトとハードに両方に投資する。
車の両輪である。

投資家と合意して買収資金の倍くらいのお金を入れる。
売上が上がりはじめる
利益があがりはじめる
2006年4460万円→2007年1億7000万円の売上に


アルツ磐梯
スキー場の誌利用客がなくなったメカニズム


コンセプト委員会できめたのは
プレーヤーサポート
顧客はみな、うまくなりたいと思っている

年間40万人の日帰りスキーヤーが来る

3割がスキーヤー、3割がスノーボーダー、3割が家族。
どれもとれない。今でも来ている人のニーズは共通して上達ニーズがあった。
日本人の特徴かもしれない。
典型的なのはスキースクール。外注しているところが多い。


目指すビジョンは「全員がうまくなったと思って帰ってもらえるスキー場」

スクールはお客様とのリレーションが作りやすい。
レベルも顔もわかる。上達保障をつける
初心者用のスノーボードレッスン
2時間で連続ターンを保障している。

スキー場は索道ビジネスと思っている。
スキー場はサービス業。
1インストラクターにつき3人

おいしさ保障つきカレー

おいしいかもしれないと思って食べるとおいしく感じる
最初は猛反対だった。
6割がカレーを食べている。スノーボーダーが返金するだろう。
最初の返金が発生したのは3日目
ご飯がべたついていた
業務用炊飯器を3日後に買いなおした。
稟議書もなく発注している。年間何百万ものロスを生んでいる。
現場の判断でできていることが大切。

ハーバードビジネスレビューに実例がある。
クリスハート先生
3年後に黒字化している。


星野リゾートのミッション

日本の宿泊観光業の競争力向上に貢献し
地方経済に新しい維持可能な仕組みを提案する。

日本の観光をやばくする。

========================================

再生する際の従業員のマインドセットについて
コンセプトに共感しているかどうか。
変えていく内容について 
温泉旅館にはサービス残業がつきもの
一切サービス残業はしない。その代わり働いている9時間は絶え間なく仕事する。
だいたい14時間くらいいて、12時間くらい仕事。実際に仕事しているのは6時間くらい。
給料を払っている9時間に対して絶え間なく価値を生み出しているかどうか。
セットで話をすることが大切。
=======================================
従業員からの提案に対して留意していること
満足と利益率、効率化の両立。がむずかしい。
難しいのはいいサービスをしながら、利益率を上げるのが難しい。
提案していることが、利益と満足度を両立できるのかどうか? ということで判断する。
ビジョンがあって、達人の道を決めているので、そのなかでの提案

¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬¬======================================

達人になるための仕組み
1. モチベーションを高める仕組み
2. 組織を顧客志向にする仕組み
3. 安定集客を可能にする仕組み
4. 利益を確保する仕組み
5. 経営に変化を即し続ける仕組み

俗人的な能力にとらわれることなく、仕組みとしてまわっていくこと。


===================================

この温泉は再生できる!と思うポイントはなにか?

基本的には基準はない。物件ごとにみている。
ただ、みていると、10年後に特化する分野としてh
2万件のなかで200件ほど毎年なくなっている。
スキー場も700のうち200が消えている。
集中させる分野としては、温泉旅館が大事である。
海外の方々に来ていただける。コンテンツ。
高級温泉として成立しえる温泉旅館


再生先の従業員の方々のネガティブな反応を変えていくポイントは何か?

価値観を設定し、達人になることを設定する。
[ 2008/05/20 00:00 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)

勝間和代 働く人のための金融リテラシー

働く人のための金融リテラシー
なぜ、銀行に預けきってはいけないのか
勝間和代さん

今日は、サテライト含めて1700人。
会場に400人集まった。今までで最も多い人数。

細かい情報でも捕まえておけ。
セレンディピティ
=計算された偶発性

出会える情報、ソースは限られる

なぜ、私が代表的女性に選ばれたか。
ウォールストリートジャーナルの記者が知っていることが第一条件
それが700人 普段お付き合いしている記者の人に価値を認めてもらうか
日本の最新情報を事細かに伝えた。英語
ギブの慕情 恩があるときには売っておけ。
普通なら気持ち悪くなってくる。恩を返したくなる。
どこにいい話がころがっているかわからない。

本07年に5冊 合計120万部
年収10倍アップ
年収10倍アップ勉強法が10万部。
社会責任投資のファンドがうまくいきそうにない。

ストレスがたまらないか? と聞かれる
気持ちがぶれないようにする。
成功の復讐
普段あまりいいことが続いた時には

ベストマザー
情熱大陸

私を利用する人も出てくる


麦畑
97年に設立 6000人
ローカルナレッジの共有 ワーキングマザーの出生数が増える 8人までいる

サブプライムローンの破綻と少子高齢化の関係

人口減少で困ること オリンピックのころも1億人 6% 
2050年の1億人になるとき、36%

公的な設備の最適配備ができなくなる→再配分
コストが上がり続ける

家計での資金需要が減退する
人口が減るとGDPは減る
企業も資金需要がなくなる

銀行にもお金が余っていく
無理な資金需要を作らないといけない。必要以上のリスクをとって貸し出す。
→サブプライムローン破綻に

全体の1%のこげつきでこれだけの影響があるとは思わなかった。
ブラックスワンという本 金融のクライシスにおいて めったに起こらないこと
2Σや3Σ離れたことも結構起こる
リスクがリスクを呼ぶ
新しいリスクマネジメントを間違えるとおこる

もともとにタイトルは「預金はリスク」
年金はフードクーポンくらいになる

複利の計算の怖さ 5%を14年で倍になる
銀行預金の比率が多い
リスク投資は2割くらいしかない

金融リテラシーの不足

分散投資すら半分が知らない
知っているか知らないか?ということが大切
アメリカから401Kの運用から
ミドルからアッパーミドルが資産運用をしっかりしている

金融リテラシーの必要性
金融の役割について直観的に理解できる力
株に集中している


日経ヴェリタス 株の話しか売れない

忙しさと金融リテラシーの関係
労働収入に頼るから忙しい
忙しい。
優先順位が低いままになっている

正社員雇用が守られすぎている
正社員はなるべく雇いたくない、雇ったら使い倒したい

撤退もできない
儲からない事業がのこる

長時間労働してもいいから正社員を守りたい
そういうなかに、金融リテラシーの入るすきがない

貯蓄から投資への流れはわずかずつではあるが進みつつある

確定拠出年金の普及
この枠内でどう賢く振舞うか

持ち家
これまでの土地神話がくずれた

不動産投資 リートを買っておく

アメリカでもふぉ1200万くらいのひとが1億くらいをかってしまう
個別株 個別株の損は個人客がギャンブルとしてやtt
信用取引残高損え記録


忙しい人が投資として新聞
機関投資家が読んだあとの出し殻


預金にも隠れて数量がある

国債の金利が基準金利

儲かっているのが、住宅ローンと大口定期
すぷれっとが大きいから。
もし買うなら個人国債を買う。
証券会社は手数料が取れない

家計診断を雑誌でたのまれることがある。

教育通信費
生命保険が 常に過不足が生じている
義理、人情、プレゼント

ネットで見直しが楽になってきた
生命保険会社も

見直せる保険のメリットデメリット

一年振り返り形の保険
毎年のふりかえり、必要な分だけ保険をかければいい

投資信託が嫌われる理由
販売手数料が高い 

ETFはいっぺんに多く買わないといけない

原則、今分散投資できるのは投資信託しかない

ノーロード インデックス
手数料がただ ファンドマネージャーなし
日経225
インデックス型がなぜ、成績が安定するか?

囚人の知恵
100人のうち 5人が稼ぐ
25%の人しか買えない。 ギャンブルは非効率
インデックス ノーロードを買ったほうがいい
ファイナンスを普通に説明するのはわかってもらえない
小額でも分散投資できるから



コモディティファンド

20世紀は は安すぎた


国際分散投資

ブリックスはコモディティが多い

ドルコスト平均法
国際分散投資

これをすれば大体は上がる
アセットも、タイミングも分散数する


コモディティは上がっている
ユーロがあがっている

株式は下がる
債権は上がる可能性がある
といわれている


リスク耐性によってポートフォリオが変わる

最大ドローダウンはどれくらいか?

バランス型投資信託
ノーロード インデックス型

サブプライムローンの原因

トータルでみたら、どうみてもおかしいことも
個人のインセンティブ
の集合体
営業マンのボーナス
貧困層の住宅の夢
ゆがみがでてしまったのが、サブプライムローンの原因



同じような金融
直接投資の方が少し有利
ETF

フォトリーディング
心の
ノンコンシャスな無意層

2日半
認知学入門

認知の仕方を教えてくれる
なんとなく知っている
なんとなく判断がつく
加速学習に対する本がでくればいい

読むときに課題を設定する
答えに対してどうよんでいくか
著者がこたえているところを

緩急をつけた読み方
ナナメ読みの技術


子どもに対しての金融リテラシー
日常的な会話
どれくらい働くとどれくらい稼げるか
ものの価格
カロリー単価
1円で買えるカロリー

安いお金でカロリーをとるのはどうするか?
でも、バランスが崩れてしまう

減価償却の話をする
コートのようなものにはお金をかける
絶対値で考えないようにする

お金と暮らし
金融リテラシーの基本


決断力のつけ方 アプローチ方法

問題解決
ミーシー
ロジックツリー
ピラミッドストラクチャー
仮説
検証
その流れをみにつけて 簡単にできるようにする

2、3年かかる

仮説検証サイクルをする
悪い仮設はない仮説よりまし

自分の行動のなかから、次の方法を探していく

物価上昇と金利、株式

政府としてインフレにたいするマネタリーポリシーが効く

コモディティは投機マネーが入っている
日本においてhあインフレターゲットを置いていないことが問題

悪いいんふれ スタグレーションが起きてしまう

インタレ インフレターゲット

投資にはコストと時間が必要
時間をつくることができない

トヨタの改善とおなじ
作業と仕事を分けている
普段の生活の中で、効率が良くなることを探して
チマチマと良くして行く
0. 2%を365日やっていると2倍になる
細かい改善 食器の並べ方
テレビは見ない お酒とタバコ
これだけで時間は残る


401Kの話
従業員にたいするメリットはない
ポータブルであることくらい

デメリットは6割がた預金になってしまう
リスク資産への投資が少なくなってしまう
期待リターンが半分になってしまう
システムもリスクになる 会社もリスク
新しい会社は普通

国民に金融リテラシーが上がるメリットはある



スケジュールのバッティングに優先順位のつけ方
家族→友達→仕事の順番に優先順位をつける



働く人のための金融リテラシー




[ 2008/05/14 00:00 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)
最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。