SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたは、なぜ「自分に似た人」を探すのか――崩壊する「大衆」と台頭する「鏡衆」

あなたは、なぜ「自分に似た人」を探すのか――崩壊する「大衆」と台頭する「鏡衆」 (講談社プラスアルファ新書)
あなたは、なぜ「自分に似た人」を探すのか――崩壊する「大衆」と台頭する「鏡衆」

消費者が多様化すると言われる中、普段はバラバラな動きをしているが、情動的にひきつけられるものが見つかると、階層や年代を超えて、人々が大きな塊(=マス)となっていく、という現象がそこかしこに見つかることに気付きます。

たとえば、最近の例では村上春樹の「1Q84」しかり、何カ月も納車待ちという「プリウス」しかり、新型インフルエンザの異様な関心の盛り上がりと収束も、そのひとつと言えるかも知れません。
一極集中と過熱ぶりは以前より強まっている気がします。

その中心にいるのは、これまでの「大衆」とは異なる形で、新しい「塊」となっているコアな存在。

それは、「人からの影響をうまく受け取りながら」「うまくレスポンス&発信していくクチコミ発信力」を持つ人たち。

これらの「共振型消費者」を、この本では「鏡の共振メカニズムを持つ人々」ということで、「鏡衆」と名付けています。

「鏡衆」の購買行動の特徴と実例

1)意味づけやイメージを商品に投影
2)友人と共感できる点を見つけて盛り上がるのが好き
3)商品を使うシーンを具体的にイメージしてから買う
4)感覚的にひきこまれやすい
5)評価がある程度定着したものを買う
6)人に影響されやすく、周囲を巻き込む影響力もある


ただ、ロジャースの普及理論でいうところの「アーリー・アダプター」ではないのだそうです。「鏡衆」は「アーリー・アダプター」から「レイト・マジョリティ」にまで幅広く存在するのが特徴的。

流行った映画も、part1の上映時には観に行かず、part1がテレビ放映されてファンになり、part2を観に行くようなタイプのひとのことをいうのだそうだ。

うん、確かにそういうタイプに限って、友人への口コミやブログへの投稿とかが活発なように思います。



では、鏡衆を中心にいまどきの消費を活発化させるにはどのような工夫や手法が考えられるのか?

消費の活性を促す7つの手法
1)消費者発の物語を吸い上げる(例:ドアラ、ポッキー、イオンスチーマー)
2)時代に合わせて価値観をシフト(例:セレナ、wii、子育て家電)
3)具体的に実感できるカタチで価値を投影(例:自分ゴト化、相手ゴト化、見える化)
4)「群れ」を形成する(例:BootCamp、クロックス)
5)価値のコラボレーション、有機的結合(例:NIKEプラス、プラダ携帯)
6)ネタ消費に着目する(例:脳内メーカー、ソフトバンクCM、せんとくん)
7)新しい価値基準をつくる(例:本屋大賞、旭山動物園)


この本では、終わりの方で、


自分と嗜好性が似た人の詳細な生活行動履歴(=ライフログ)から、おすすめ商品を割り出すサービスは、うまくいけばこれからのマーケティングの主流になるかも知れれない。「私に似た人の、欲しいものが、欲しいわ」という現代人ならではの欲求が満たされるツールがいよいよ登場してきた。


と「ライフログ」のことを説明しています。

また、消費行動の変化を


消費者たちはもはや、モノの差別性を細かく吟味するというよりは、「自分が感情移入できる物語」と「自分が使っているシーンをリアルに想像できる」ものを買いたい、と思うようになってきている。
商品の差別性を声高に主張するよりも、消費者が感情移入できる物語や場面を訴求していくことにコミュニケーションの力点も移っていく。それがまた、新たな消費創造につながっていくのではないだろうか?


としています。

なんとなく、思っていたことが整理された気がします。



スポンサーサイト
[ 2009/07/27 00:00 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

守護神 THE GUARDIAN アシュトン・カッチャー ケビン・コスナー

守護神 [DVD]
守護神 [DVD]
http://www.movies.co.jp/guardian/

地上波初登場ということで、テレビで見ました。

見ているうちに、DVDでも見たことがあることを思い出しました。(笑)
「海猿」と重なるところも多いのですが、わかっていても、次の展開にハラハラドキドキさせられます。

また、いい具合に張られた伏線も、きっちりストーリーに組み込まれていて、なかなかに納得度の高い映画です。

主演(助演?)のアシュトン・カッチャーが、最初のレスキューに向かい、救助ヘリから、荒れ狂う荒波にダイブするときに笑うんです。これから、わくわくする出来事が起こるかのように。2度目の絶望的な状況の救助の時も、少し微笑んでいるように見えました。

このシーンがいちばん印象に残っています。
いちばんの修羅場で、笑える精神力、付けてみたいものです。

アシュトン、かっこよすぎ・・・。


アシュトン・カッチャーと言えば、見逃してはいけないのが、「バタフライ・エフェクト」です。
これまで観たなかでも、かなり、好きな映画です。
TUTAYAレンタル100選に入っていたので、先週観たところでした。(笑)

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2005-10-21)
売り上げランキング: 4413
おすすめ度の平均: 4.5
5 脚本を書いた人に感謝。
5 現代を舞台にした良質のファンタジー
5 ミステリーの名作
5 これは
5 通に好まれる映画

↑DVDではおまけとして、違うバージョンのラストが2パターン用意されています。
(もちろん、採用されたパターンがいちばんよいです)



もうひとつ。こちらのラブコメもおすすめです。
ベガスの恋に勝つルール (完全版) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-12-05)
売り上げランキング: 21047



こうやって並べてみると、次作も楽しみですね。
期待しています。


[ 2009/07/26 23:29 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

桐野夏生 アンボス・ムンドス と 東京島 

久しぶりに桐野夏生さんを読んでみました。

アンボス・ムンドス―ふたつの世界 (文春文庫)
アンボス・ムンドス―ふたつの世界 (文春文庫)

短編集ですが、表題作の「アンボス・ムンドス」がやっぱり、いちばん引き込まれます。

他では、電車の中で読むのがはばかられるほど衝撃的な内容の「愛ランド」という作品が印象に残りました。島モノ(漂流記的な作品)が好きで、LOSTにはまっていたということもあるのですが・・・

この「愛ランド」を膨らませて書いたといわれているのが、谷崎潤一郎賞受賞を受賞した「東京島」です。続けて、こちらも読んでみました。

東京島
東京島


惹きつける文体や、人間模様など、良いところもあるのですが、桐野作品にしては、1本の筋が通っていないというか、各章での方向や温度のばらつきのようなものが気になりました。

やっぱり、どうしても「LOST」と比べてしまうのですが、「LOST」の放映がアメリカではじまったのが2004年の秋ということなので、この作品の方が先行していたようです。

「LOST」でも女性の奪い合いというのは、若干あるのですが、非常にジェントルです。(ジャックとケイトとソーヤの関係など)
女性を「モノ」のように扱うのは、アジアのメンタリティかもしれませんね。
まあ、放送コードの問題もあるのでしょうが。
[ 2009/07/25 21:01 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

家族の肖像

この写真。なぜか、何度も見てしまうんです。
見るたびにいろいろ考えさせられます。

http://pixdaus.com/single.php?id=42122
family
[ 2009/07/25 00:17 ] Web | TB(0) | CM(0)

人を出し抜く超・仕事術 本田直之

人を出し抜く超・仕事術―「レバレッジ思考」を20代でマスターせよ! 勝ち組アンダー25歳の法則 (凄ビジ・シリーズ)
人を出し抜く超・仕事術


本田直之さんのレバレッジシリーズのエッセンスを要約したガイド本です。
1時間以内ですぐに読めるように編集されています。

レバレッジ思考の基本を忘れないように再確認です。

基本レバレッジ

□DMWL(Doing more with less)を常に意識
□学習・研究(自分への投資)の時間を持つ
□長期、中期、短期の目標を持つ
□パーソナルキャピタル×モチベーション
□パッシブでなくアクティブ

労力削減レバレッジ

□仕組み化(マニュアル、フォーマット)
□KFSの発見
□二毛作
□日々のチェックリストを作る

時間短縮レバレッジ
□時間を投資する
□レバレッジ・スケジュールの作成
□俯瞰逆算法
□時間割を作る

知識増大レバレッジ
□人生の基礎3科目
□情報には「フロー型」と「ストック型」がある
□レバレッジ・リーディング
□「知識」+「経験」が「「知恵」

人脈拡大レバレッジ
□コントリビューション
□パーソナルブランドを作る
□ネットワーク構築の3ステップ
□パワフルネットワークのメリット

逆レバレッジ チェックリスト

□手抜きをする
□考えずに走りだす
□思考停止
□パッシブ
□自分の実力と会社の看板を一緒にする
□人のせいにする
□モチベーションだけ上げる
□ワークライフバランスを勘違い
□批判ばかり
□言い訳が先にくる



前回もそうでしたが、人脈のところが断然弱いですね・・・
このチェックリストは定期的に活用したいと思います。


[ 2009/07/21 00:10 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

口コミを創出する動画の使い方 The T-Mobile Dance

先日の大柴ひさみさんの講演会で教えてもらったのですが、
YouTubeを使った、非常に面白いプロモーションだったので、
紹介します。

まずは、この映像を見てください↓
イギリスのT‐Mobileという携帯電話のCFです。



このような衝撃的な出来事に遭遇したとき、携帯で誰かに伝えたくなるし、
写真や動画を撮るのは携帯電話でしょ?! という意味での、広告だと思います。
もちろん、この動画を見たという経験も含めて。
最後に「さあ、シェアしましょ!」という、メッセージがでてきます。


このCFの仕組みとしてすごいことは、まず、このような↓ティーザー広告を
流していたそうなのです。


このティーザー広告では
16日の金曜の午後9時10分に4チャンネルをみなさいよ
と言っています。大げさな演出感が、まさに「じらし」です。

そして、その日、その時間に冒頭のCFが流れるのですが、
このCFの最初には
15日月曜の午前11時にリバプールの駅にて
と流れます。

そうです、なんと放映の前日の出来事なんです。
このスピード感も話題作りに大切なポイントだと思われます。

このプロモーションのポイントは、
たった1回のCF放映の効果をどこまで最大化できるか?
ということだと思います。

もちろん、この映像はYouTubeにアップされていて、
プロモーション上はこちらでの視聴をメインに考えられていると思います。

実際1300万回以上も閲覧されており、半年後になっても、こうやって、
外国の一般人のブログにも紹介されているわけです。(笑)

放送局泣かせではありますが、YouTube時代の広告のあり方として
わかりやすいパターンだと思い、紹介しました。

ほかにも、YouTube上では、このようなメイキングCFも流していたようです。
(深夜のリハーサル風景)


ブランドとのエンゲージメントって、こういうタッチポイントで生まれる気がします。





[ 2009/07/20 00:42 ] Web | TB(0) | CM(0)

宝くじの当選確率

サマージャンボ宝くじのテレビCFがドカドカ流れてますね・・・。

個人的には、随分前から宝くじを買うことはないのですが、
このサイトを知ってからは、特に買う気がしなくなりました。

Web宝くじシミュレーター
↑実際の宝くじの当選確率にあわせて、ガシガシ購入を進めていき、
「もし、○○円分買っていたら?」というシミュレーションができます。

今年のサマージャンボ宝くじのシミュレーションもできます。

↓サイトを開いた瞬間から、ガシガシ買い始めます。(笑)
ジャンボ宝くじシミュレーター(2009年/サマージャンボ宝くじ版【Trial版】)

とりあえず、1億円分ほど買ってみました(笑)↓
宝くじ大

回収率は27.6%
10万円が29枚も当たってます。(^_^;)


シミュレーションをしてみて、驚いたのは
1等の当選番号が5枚も当たっている!
ということです。
しかし、どれも組違いなんです。

1等の組違いの当選金額ななんとたったの10万円

実際に買っていたら、これほどのショックはないでしょう。
意識的には紙一重なのに、金額は2000分の1 !!!

自分の運のなさを一生怨むことでしょう・・・。

それでも、あなたは買いますか?
サマージャンボ宝くじ。

しかし、このシミュレーションで2億あたったら、それこそ悲劇か・・・(苦笑)


[ 2009/07/20 00:02 ] その他 | TB(0) | CM(0)

飛行機のオンデマンド映画上映っていいですね

たった今、アメリカ出張から帰ってきました。
ちょっと、疲れているので、ライトなアウトプットを。

往復の飛行機がオンデマンド放映対応機だったので、合計6本の映画を見ました。

点数の高い順に紹介です。


↑ダスティン・ホフマンの不器用な壮年役がたまらなく、哀愁にあふれています。
ちょっと、設定に無理を感じなくもないですが・・・


↑これ、見逃してたのです。見れてよかった。生きること、死ぬこと、いろいろ考えました。ラストはあそこまで描く必要があったかな?
でも、とても良い映画です。


↑期待していなかった割に、見た後に残るものはいちばん大きかったかもしれません。
ラストでは、きちんとバランスをとる作り方をしていたのも、高評価のポイントです。
ジムキャリーはやっぱり、こういう役がお似合い!


↑タイトルの日本語訳にものすごく悩んだのですが、邦題は「そんな彼なら捨てちゃえば?」と言うそうです。うん、ナイスネーミング。



↑映像が半端なくすごいとおもったら、監督はなんと、レニー・ハーリンでした。
どうりで! 眠気さましにはぴったりな作品でした。
最初から12ラウンドあるってわかっているのに、先の展開が全く読めません。

デュプリシティ


↑ちょっと、話の筋がややこしい。寝不足の頭ではストーリーに追いつくのが精いっぱいでした。
[ 2009/07/12 21:23 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

YouTube 時代の大統領選挙 大柴ひさみさん

YouTube 時代の大統領選挙 ( 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント)
YouTube 時代の大統領選挙 ( 米国在住マーケターが見た、700日のオバマキャンペーン・ドキュメント)

6月30日に日経ネットマーケティング・フォーラムの特別セミナーの基調講演として開催された、アメリカ在住のマーケッター大柴ひさみさんの講演会へ行きました。

オバマ大統領の選挙キャンペーンにおける、インターネット活用というテーマをずっと追っかけているのですが、この、大柴ひさみさんのコラムは、その中でもリアリティがあり、もっとも参考になる情報源でした。

その大柴さんがYouTube 時代の大統領選挙 という本を執筆され、さらに、日本で講演もされるというので、飛んで行きました。(笑)

選挙後の状況も踏まえ、最新の状況がよくわかりました。
いろいろと感想を書こうと思ったのですが、各メディアの速報が上がっていますので、そちらを紹介します。


日経ビジネスオンライン
市民を行動者に変えた、オバマ大統領のソーシャルメディア活用~NET Marketing Forum 2009~



ますます過熱しているのがツイッターですね。
日本でも選挙活動に利用している議員さんがいるようですが、果てしなくグレーな公職選挙法の解釈によって、日本では無理なようです。

企業のマーケティングにも、使われ始めているようなので、注目したいと思います。

映画「ターミネイター4」における、Twitterプロモーション戦略


何となく、2007年ころのセカンドライフのブームと似たようなものを感じなくは無いですが・・・(苦笑)、確実に、影響力はこちらの方が高いと思われます。

このあたりのことを含め、来週からはアメリカ(シアトル)へ出張の予定です。
現地の温度がわかると思うので、また、レポートします。

では。
[ 2009/07/05 00:00 ] 書評 | TB(0) | CM(2)

1995 MTV video music awards performance 伝説の15分 マイケル・ジャクソン

もうひとつ。
究極のパフォーマンス、伝説の15分といわれている映像を。


ラストの笑顔に泣けてくる…。
[ 2009/07/02 01:12 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

The Jackson 5 – Who's Lovin' You



遅ればせながら、追悼アップということで。

いろいろ見ましたが、鳥肌がたつほどの感動というのは、
こういうことだと、改めて実感しました。
(貴重なエド・サリバン・ショーの映像です)

ちなみに、この曲は最愛のテレンス・トレント・ダービーも80年代にカバーしています。
甘酸っぱい思い出いっぱいの曲です。(涙)

オリジナルは60年代のスモーキー・ロビンソンのようです。
[ 2009/07/01 23:18 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。