SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

街場の現代思想  内田 樹著

街場の現代思想 (文春文庫)
内田 樹
文藝春秋
売り上げランキング: 41239
おすすめ度の平均: 5.0
5 評価される側の気持ち
5 内田樹はなぜおもしろいか?
5 現代の「常識」に警鐘を鳴らす
4 興味深い文化資本



人から勧められて読んだ本ですが、ちょっと完全にノックアウトされました・・・。
すごい・・・。もっと早く出会っておくべきでした。

内田樹(たつる)さんは、大学入試における「現代文頻出作家」であるそうです。
高等教育の現場で最も信頼される思想家の言葉は、迷える現代人の、非常に日常的で卑近な問いに対して、明快に、あっけないほど平易な言葉で、ズバズバ答えていきます。

教養、お金、ワーク・モチベーション、転職、結婚、離婚・・・・。

これまでよく聞いていたような一般論とは全く違う方角から、想いもしなかった気付きの「視座」を投げかけてくれます。これが、なんというか、ものすごく気持ちいい。

全てのページに金言が詰まっていると言ってもいい本ですが、特に心を打ち抜いた言葉をいくつか紹介します。


知性というのは「自分の愚かさ」に他人に指摘されるより先に気付く能力のことであって、自分の正しさをいついかなる場合でもいい立てる能力のことではない。


「決断」というのは私たちの前にまっさらな未来が開けているということではない。むしろ、私たちの過去のふるまいが精算されることなのである。
これまで正しい決断を積み重ねてきた人間の前には判断に迷う二者択一は出現しない。
逆に、これまで何度も決定的な局面で判断を誤ってきた人間の前には、決断を迫る分岐点が繰り返し訪れる。



デジタル・コミュニケーションは「あらかじめ検索するキーワードがわかっている情報」の検索には有利だが、「自分が何を検索しているのかわからない」人間にとってはほとんど使い物にはならない。
高等教育においていちばんたいせつなのは、学生が「すでに知っている知識」を量的に拡大することではなく、学生に「そんなものがこの世に存在することさえ知らなかったような学術的知見やスキル」に不意に出くわす場を保障するということなのである。



想像力を発揮するというのは、「奔放な空想を享受すること」ではなく、『自分が奔放な空想』だと思っているものの貧しさと限界を気づかうこと」である。



最終章の「生きることの愉しさ」に関する部分が一番感銘を受けたのですが、その部分はもう少し深くかみしめたいと思います。

何度も繰り返し読みたい、バイブルのような本になりそうです。

スポンサーサイト
[ 2009/08/30 22:20 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

仕事力

仕事力 紅版
仕事力 紅版
posted with amazlet at 09.08.23

朝日新聞出版
売り上げランキング: 248510


3月に出た本ですが、図書館の予約がやっと回ってきたので、読みました。

現在も朝日新聞の求人コーナーで連載が続いている人気コラムの書籍化です。
各界の著名人が自らの体験や、「仕事」「働くということ」への思い、社会で生き抜くコツを語っています。

この紅版には、以下の方々の言葉が収録されています。


茂木健一郎―ひらめきが身をたすく
山本容子―世界のすべては等価である
矢内廣―求められる仕事を探り続けよ
村田泰隆―モノサシと許容量を増やせ
幸田真音―ジタバタのすすめ
小柴昌俊―百年後には役に立つよ
中村修二―理系の仕事は世界の要請だ
香山リカ―あいまいも悪くない
姜尚中―ニッポンには新エンジンが要る
中沢新一―仕事と暮らしが日本人の芸術だ
河瀬直美―かけがえのないものを追う
森永卓郎―人は、かわいげ
本田由紀―誰も完璧ではない
古田敦也―エンターテイメントビジネスの始まり
矢沢永吉―信じろよ、自分を





このシリーズは読むときの心情や、状況、モチベーションの高低によって、心に響く人(言葉)が変わるので、振り返って読んでも読み飽きません。

今回、もっとも琴線に触れたのは、なんと矢沢永吉さんの言葉でした。



親や学校、そしてマスコミもすきなこと言ってる。
低成長時代に突入したから、すべて安全に選ばなくちゃいけないなんてね。
いい子になってその助言だけを聞いていたら、迷路に入る。

自分の人生を照らす明かりは、自分の心の中に灯しておかなくてはいけないもので、他人に吹き消されてはだめです。

僕は成り上がるという言葉を大切に思っている。
自分の手で階段を上がっていくわけで、本当はこんなにワクワクすることはない。
うちは裕福だからとうそぶいている人だって、そのご先祖の誰かが成り上がったんです。
成り上がりの反対は、ぶら下がりだ。
やっぱり、それじゃつまらないよね。





なぜか、この部分に惹きつけられました。
「心の中に、人生を照らす明かりを灯しているか?」
「誰かに消されてしまいそうなとき、それを守れるか?」
そんなことを考えました。



このシリーズは、青版白版と、この紅版を含めこれまで3冊出版されています。
(青と白は文庫化されてます)

いちばんよかったのは、白版ですね・・・。ぜひご一読を。


仕事力 白版 (朝日文庫)
仕事力 白版 (朝日文庫)




仕事力 青版 (朝日文庫)
仕事力 青版 (朝日文庫)


[ 2009/08/23 15:36 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)

図書館の予約がやっと回ってきたので読みました。
お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践の姉妹本にあたり、踏み込み切れなかった「リスク」の概念に特化して説明した本とのことです。
日本語に直訳しにくく、かつ、日本人が日常生活で得にくい「リスク」との付き合い方を論じた本です。

メモ部分のみ引用


リスクとは不確実性のこと。リスク管理というのは、その不確実性に対してきちんと情報の収集を行い、分析をし、その最大リスクまで計算し、最良の手段を選んで、自分の発生するリスクをコントロールすることです。

呼吸をするようにリスクを計算し、判断する習慣をつけること---
それが、リスク・リテラシーです。

このリスク・リテラシーが身についた生活というものは、想像以上に楽しいものです。
これが身についていれば、金融危機が起きても、政治的混乱が続いても、不安をあまり感じなくなります。なぜなら、現在何が起きていて、どのような状況にあるのか、将来はどうした方向へ進むべきなのかが、ある程度のシナリオ幅の範囲でわかるためです。




後半、政治的な問題、解決法へと話が進んでいきます。

勝間さんのゴールは政治活動なのでしょうか?

たぶん、相当に各党から勧誘はされているとは思いますが、どのような立場で、どのような具体的行動に出るのか、見てみたい気もします。

評論家でいることがいちばん「オトク」な感じはしますが、「リスク」を取って、活動してほしいと思いました。




[ 2009/08/17 00:00 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

イントゥ・ザ・ワイルド  INTO THE WILD

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]


ずっと見たかった作品でした。

荒野のなかで、ひとりきり、自由に暮らすことへの憧れ。
私にも強くあります。

この主人公のように、全財産を寄付して、財布のなかのIDとクレジットカードを破き、お札を燃やしてしまうほどのストイックさはありませんが、キャンプ・トレーラーを自然の真ん中に置いて、気ままな暮らしをすることには憧れています。

この作品は、映像の美しさと、ロードムービーとして旅の途中に出会う人物像の描き方が魅力的で、2時間以上の長さを感じさせないのですが、やはり、旅の最後に青年が悟ったことが、作品性を高めています。

「愛」「許し」「承認」「共感」

実話に基づいたこの作品。この青年がたどり着いた結論に、非常に共感にします。


そして、ラストシーンでの、気迫にあふれる演技に圧倒されます。
演技のための減量も半端無く、役者魂を見せつけられる映画でもあります。





[ 2009/08/16 00:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

キャッチフレーズ工場

最近考えているクチコミ企画に使えそうなので、採用。





Yahoo!パートナー キャッチフレーズ工場
※このブログパーツを表示するにはAdobe Flash Playerが必要です。
[ 2009/08/15 00:00 ] Web | TB(0) | CM(0)

「質問力」で勝つ! 和田秀樹

「質問力」で勝つ! (新講社ワイド新書)
「質問力」で勝つ! (新講社ワイド新書)

「なぜ?」と問いかけられる人だけが、「答え」に出会える。
序章のそんなタイトルに惹かれて、読み始めました。

ただ、精神科医の和田秀樹さんですので、ものすごくロジカルに「質問力」や、それに対応する「回答力」の伸ばし方について、言及されているわけではありません。

個人的には
自分への「問いかけ」を後回しにしていないか
という部分で、ハッとさせられました。


全体的には、どちらかといえば、人生訓に近く、終章では「夢を実現するため」「人と人が分かりあうため」に「質問」と「回答」がある、とまとめられています。

ホンダの創業者、本田宗一郎氏は、夢の実現のためには他人と補い合う関係をつくればいいと唱えたそうです。
「世の中に完全な人間などいるものではない。自分の足りないもの、できないところを周りの人に助けてもらうと同時に、自分の得意なところは惜しみなく使ってもらうのが、共同組織の良い点で、大事なところだ」
という言葉を引用しています。

「質問」と「回答」から始まる、コミュニケーションにこそ、力がある。

結局はそういうことなのだと知りました。
[ 2009/08/03 00:00 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

あのトロンがすごいことになっている件  Tron Legacy

>

トロンといえば、中学生?くらいのとき、衝撃的な映像でコンピューターグラフィックスの世界にうちのめされた記憶が鮮明です。その後ゲームにもなりました。

そのトロンが、20年以上たってリメイクされたというのが、上記のトレーラーです。

そして、そのネタ元の20年前の映像がコチラ↓



こうやって見てみると、こちらでも、十分に楽しめます。
いや、アイデアや構成などを考えるとこちらのほうがスゴイと感じました。

もちろんスペック的には大違いなんだけれど、人間の感動というのはスペックだけでは動かないんだな、と思いました。

最新グラフィックスを見ることで、帰って初代トロンのすごさがわかります。

あの、ティム・バートンも制作スタッフに加わっていたそうです。



しかし、この映画も3Dということで、ハリウッドは3D映画に埋め尽くされそうです。

[ 2009/08/02 00:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。