SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シンプル族の反乱 三浦展 著

シンプル族の反乱
シンプル族の反乱

先週、現在のトレンドは30年前から「POPEYE」が見抜いていたと言いましたが、この「シンプル族の反乱」を読んで、次の新しいトレンドはその中でも、しっかりと芽生えてきており、マガジンハウス的な「バブリー族」に対してクウネル的な「シンプル族」として一貫して存在感を高めてきているということに納得しました。

確かに、事例ひとつひとつを見ていくと、「そうそう」「いるいる」という属性です。



シンプル族の生活原理
1.モノをあまり消費しない。ためない。
2.手仕事を重んじる
3.基本的な生活を愛する


シンプル族の指向性
1.エコ志向
2.ナチュラル志向
3.レトロ志向・和志向
4.オムニボア(雑食)志向
5.ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)志向




実例でいうと、
・安いからといって、むやみに買い替えない。ゴミになるものはなるべく買わない。
・ペットボトルは買わない
・安売りの家具は無駄
・工業製品、特にプラスチックは嫌い
・洗剤やシャンプーは市販のままの容器だと存在感がありすぎるので、無印良品のボトルに詰め替えて使っている。
・1膳1万円以上もする漆塗りの箸を使っている
・京都のアンティークの店で椅子を購入。傷んでいるし座ったりできないけれど、置物としておいてあるだけでいいかんじ。2万円で譲ってもらえてうれしい。
・職場で捨てられそうになっていた椅子を「枠がチーク」なので、もらってきて布を貼り替えて使っている。
・祖母の遺品の箪笥を専門業者にお願いして直してもらって使っている。
・海外の友人ができて、国際交流のプログラムの英会話教室に通っている。
・人づてで知り合った人の畑や田んぼを手伝いに行く
・愛用のバッグはすべて近所の職人が手作りしているカバン屋にて購入
・知り合いの工房に行き、1万円で香炉をオーダーメイドした
・応援したいから、高くても地元産の野菜を買う
・3万円くらいの気にいらないテーブルよりも、8万円だしても気にいったテーブルを買う。
・都会でないところでコンパクトに暮らしたい



ちょっと、引用が多くなってしまいましたが、「自分はこういう行動しない・・・」と思うものを選んでみました。
確かに、こういう人私の周りにもたくさんいます。
こうやってそろえてみると、何となくひとつの属性にくくれそうですが、こういう「シンプル族」にも、ある一面では「バブリー」なところもあったり、二つの面が共存している人がほとんどなんだと思います。

最後にびっくりした統計データを。
20代男性の余暇参加率を1995年と2007年で比較したデータです。

     2005年→2007年
ドライブ 75.7%→56.2%
ゴルフ 34.7%→25.2%
テニス 18.9%→9.6%
スキー 36.0%→6.2%
海水浴 51.9%→24.2%
国内旅行 48.7%→36.0%
海外旅行 9.3%→5.1%

パソコン 5.3%→49.4%(06年)
映画 38.0%→43.8%



テニスやスキーが凋落しているのは、実感できますが、海水浴や旅行なんかも激しく減少しているんですね。いったい、若者はどこで活動しているのでしょうか?
パソコンが劇的に増えてますが、昼間からPCの前にかじりついているわけではないでしょうし。
ゲームとかかなぁ?
意外と、地域とか、コミュニティの活動なんかをしているのかもしれません。

高い家具が、なぜバンバン売れるのか?
それも一時の「エセ・イームズ」みたいなのではなく、職人による手作りの、無垢の木材材と天然素材で染色された皮でできた重厚なものが売れているそうです。

なんとなーくわかった気がしました。


スポンサーサイト
[ 2009/09/28 00:22 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

編集者の時代 雑誌作りはスポーツだ

編集者の時代 雑誌作りはスポーツだ (マガジンハウス文庫)
編集者の時代 雑誌作りはスポーツだ (マガジンハウス文庫)


1976年に創刊された雑誌「POPEYE」。
その創刊編集長であった、木滑良久氏(現マガジンハウス取締役最高顧問)による、「POPEYE」巻末の<フロム・エディターズ>が、創刊号から約4年分まとめて掲載された本です。

「POPEYE」を愛した人なら、その<フロム・エディターズ>が単なる「編集後記」ではなかったことはご存じのはず。僕ら一読者は、その一言一句から編集部の「空気」を感じ、どうしようもないあこがれを持ち、毎号楽しみにしていたものでした。

私が読んでいたのは主に80年代後半に入ってからですが、新雑誌創刊の仕事にかかわった時に、大宅文庫で読みふけったのが、この創刊間もないころの「POPEYE」でした。

30年以上も前のことです。
ちょうど、「パンクス」や「レゲエ」が登場しはじめ、「未知との遭遇」「スターウォーズ」「サタデーナイトフィーバー」が封切られたころのことです。
発売されたばかりの「ウォークマン」を腰につけ、「ジョギング」することが流行り始めたころです。
当時の「時代空気」がよくわかります。
(僕にはちょっと背伸びしなければ届かない世界だったけれど)

ファッションもスポーツも、ライフスタイルも、「POPEYE」で見かじったことを、その日から真似てました。
今でも日焼けが好きなのは、このころの雑誌にインプリンティングされたせいだと思います。

心にしみた一節を引用します。



■とにかく、自分が面白いと思うことだけが信ずべきことなんだ。それだけがホンモノだから、だから他人にも通じるんだ。そこにこそ高揚があり、精神の拡大があると思うんだ・・・

■---独断と偏見だからこそ普遍性を持つということは大切なポイントだな。



↓これは、創刊号に記された巻頭の言葉だそうです。


■都会に住んでいるひとなら、1週間も街を離れると、もうあの空気が恋しくなってしまうでしょう。街がいつの間にか、精神的な故郷になっていることに気がつくのです。
■自然へのあこがれも、青い空への旅も、それは街へ帰るという前提があって成立するものです。「ポパイ」は私たちのフランチャイズ、都会に焦点を合わせました。
■都会での生活が、どうしたらもっとハッピーなものになるか、「ポパイ」はその提案であり、サンプルであり、記録であり、イマジネーションなのです……。




30年も前のことですが、今の時代の兆候はすでにこのころから芽吹いていました。

健康志向、スポーツを生活の一部へ(→のちのターザン創刊へ)
オヤジの復権(→のちのブルータスの創刊へ)
女の子のPOPEYE化(→のちのオリーブの創刊へ)
家、暮らしの充実(→カーサブルータス創刊へ)
エココンシャス、スローライフ(→のちのソトコト創刊へ ※編集長小黒氏はブルータス、ガリバーを担当していたマガジンハウスの名物編集者だった。)

驚くことに地球温暖化の話は1979年2月の<フロム・エディターズ>に登場しています。この年が暖冬だったこともあり、例年に比べ2度高かったそうで、「年々地球の温度が上がっているというのは本当だろうか?」と記されています。

ただ、インターネットの登場とメディアの変化だけは、この時代には全く予測できていなかったらしく、
「紙に代わるメディアとしてかなり有望なのは、もしかしたらヴィデオ・ディスクではなかろうか?」という一節がありました。
このころの「ヴィデオ・ディスク」というのは、「レーザー・ディスク」のことでしょうか?「1枚のヴィデオ・ディスクが雑誌5万ページ」を収録できると書かれています。


この時代のパワーをインターネットと掛け合わせたら、何が起きていたのか?
情報のフラット化と無料文化の流れに、なすすべは無いのか?

そのあたりが、今私が考えていることです。

木滑さんの言葉ひとつひとつから、パワーをもらいました。




[ 2009/09/23 23:48 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ 竹田青嗣 著

中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ (ちくまプリマー新書)
中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ

いろいろ考えることが多かったのですが、最終章である、第4章「幸福とは何か」 ガウェインの結婚‐‐‐「自分の意思を持つこと」の中からの一部を抜粋。


「一般欲望」では八割の人が不幸になる
現代の社会では、誰でもほとんど例外なく、あの「たくさん愛されたい、贅沢をしたい、評価されたい、人の上にたちたい、偉くなりたい」といった「一般欲望」を、生の中心的な目標として育ってくる。しかし、それが競争の中で実現される欲望である以上、そこで「幸福」をつかむことができないで終わるほかははい。そこで大事なのが、「自分の意志を持つこと」(ガウェインの結婚の答え)ではないか。

「自己ルール」のあり方を、もう一度理解し直すことは、青年期に行うべき大きな課題である。その為には、第一に自分の言葉をしっかり蓄えること。第二にフェアな友人関係を大事にし、その中でさまざまなことがらや、生き方をテーマにして「批評」しあうことが大事。それが社会に出て、困った時に自分を立て直す際の、最も基本のスキルになるからです。




実を言うと、大学生のころは、このことばっかり考えていました。
僕は典型的な「○○ボーイ」「○○族」といった「一般欲望」における、メジャーカテゴリーにどっぷりつかる暮らし方をしてきました。ひょっとしたら、競争原理の中の2割に属していたかもしれない。
しかし、その一方で、本当にこれが自分の本当にやりたいことなのか? 他人の欲望に応えるだけの生き方なのではないか。 この世界に他のだれもがいなくなっても、こんな暮らしをしているだろうか? ということを悶々と悩んでいました。

まあ、今も全くその「一般欲望」の呪縛から逃れられたわけではないですが。

悩める思春期に出会うべき本だと思います。




[ 2009/09/20 22:34 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

幸福を見つめるコピー 岩崎俊一著

幸福を見つめるコピー
幸福を見つめるコピー

タイトルにひかれて、ふと、手に取った本です。
正直、今まで、岩崎俊一さんのことは知りませんでした。

ですが、そのお仕事というか、メッセージにはいつも心揺さぶられていたということを、この本を読んで知りました。

岩崎俊一さんの代表的なコピーのなかで、お気に入りのものをいくつか紹介します。



毎日ビールを飲んだ。
それでも渇いていた。

 (キリンビール)

やがていのちに変わるもの。

 (ミツカン)


自分の欠点を
人と一緒に笑えるのは、
その人の長所です。


 (セゾン生命保険)


負けても楽しそうな人には、ずっと勝てない。

 (セゾン生命)


ぼくが、
一生の間に会える、
ひとにぎりの人の中に、
あなたがいました。


 (サントリー・ローヤル・お歳暮)


服は、
肌より先に
抱きしめられる。

 (西武百貨店)



そして、これ。この会社のブランドブックも岩崎俊一さんの手によるものだそうです。
最初読んだときは感動しました。
ネット業界で頑張っている会社を、幸福をみつめるコピーライターが説明すると、こうまで素敵に表現されるんだ・・・という感動です。↓

eole
全文リンク↓
http://www.eole.co.jp/ra9_book/book.html


岩崎さんはこう言います。
「コピーはつくるものではない。見つけるものだ。」と。

答えはクライアント自身の中にある。丁寧にヒアリングをしながら、顧客(クライアント)の中にある内なる本質を見つけていく。そして、それを言葉として紡いでいく。

そういう、問診型のコミュニケーションは佐藤可士和氏の方法論にも通じるところがあります。

結果を出すアプローチというのは、やはり、このスタイルなんだ。愚直に顧客に向き合う姿勢と、その先のクリエイティビティなんだ。ということを確信しました。

そして、岩崎俊一さんのこの考え方にとても勇気をもらいました。


この社会のなかで、広告しようとしている商品や企業にどういう価値があるのか。僕は常に、このことを考えながらコピーを書いています。商品も企業も、存在意義の原点は「人の役に立つ」「人間を幸せにする」ということだと思います。その商品や企業が世の中に存在する意味を、読む人の心にすとんと落ちる言葉で示したいといつも考えています。
http://otona.yomiuri.co.jp/people/willbe/090526.htm



どんなプロモーションを考えたらいいのか、グルグル考えすぎて出口が見えなくなって自信喪失に陥ったときに、読み返したい本です。

[ 2009/09/20 00:19 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

徹底のリーダーシップ ラム・チャラン 著

徹底のリーダーシップ


いい会社とそうでない会社は何が違うのか。
それは、「経営をやっているかどうか」だと僕は思います。
では、経営とはなにか。それは、「実行すること」です。これ以外にない。


本書の冒頭で解説の柳井正さん(ファストリ会長)が述べている言葉に、この本の本質が凝縮されています。


別の本で知ったのですが、著者のラム・チャラン氏はインドの貧しい、靴の露天商の家に生まれ、その商売を見ながら育ち、「経営に必要なのは露天商もCEOも本質的には変わらない」という考えを持っている方です。

CEOや、真のリーダーがあるべき姿をそんな原理原則論に従って、述べられています。

現実から逃げず、成長を定義し直し、現金を確保、地べたの情報を現場の最前線から自らキャッチしながら、計画目標は週の単位で修正、管理。部下には現実を見せつつ、勇気を与え、時にはリストラを断行する。

いやぁ、本当に大変です。

並べてみると至極まっとうで、反論のできない原理原則ばかり。

この時代、リーダーシップを発揮するのは、本当に厳しいことなんだと思います。

それを乗り越え、真のリーダーたらんとする人には一読の価値があると思います。



○難局においてリーダーに絶対必要な六つの資質
1.誠実であり、信頼できる存在であること
2.社員、部下を鼓舞し、勇気づける存在であること
3.現実と「生の情報」でつながっていること
4.楽観的な現実主義者であること
5.細部にまで徹底的に踏み込んでいくこと
6.未来に打って出る勇気があること




4の楽観的な現実主義者というフレーズが気に入りました。

確かに、優れたリーダーというのは、人事を尽くした後にはどこか拍子抜けするほど楽観的な人が多いように思います。

[ 2009/09/13 23:21 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

素顔のローラ  ローラ・イジボア Laura Izibor

久しぶりに心ときめくソウルシンガー登場です。
最初CD聞いた時はそうでもなかったのですが、YouTubeでピアノの弾き語りPVを観て、心震えました。いやぁ、ジョン・レジェンドのオープニング・アクトで歌っていたというのも、大納得です。

レコード会社は「『「アレサ・フランクリン』『ロバータ・フラック』に続く、アトランティック・ソウルのニュースター」とまでの力の入れようで大プッシュしているそうです。

素顔のローラ
素顔のローラ
posted with amazlet at 09.09.12
ローラ・イジボア
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-06-24)
売り上げランキング: 2575
おすすめ度の平均: 5.0
5 ソウルシーンのルーキー
5 大好き!


↓このハイクオリティPVは必見です。






[ 2009/09/12 22:43 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

フィクサー (ジョージ・クルーニー)

フィクサー [DVD]
フィクサー [DVD]

最後まで緊張感が途切れずに観られたのは、ジョージクルーニーの渋い演技のおかげ。
フィクサーというのはちょっと、ズレてつけられた邦題で、原題はマイケル・クレイトン(ジョージクルーニーの役名)。

ラストの5分のジョージクルーニーの演技は、カタルシスにあふれています。
[ 2009/09/12 20:27 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

1408号室

1408号室 [DVD]
1408号室 [DVD]

サミュエルLジャクソン出演ということと、DVDとブルーレイのコンバーチブル盤だったこともあり、何となくレンタルしたのですが・・・・

怖え~

しかも、心理的に揺さぶってくる、怖さ。

「なんと」というか「やはり」というか。
スティーブン・キング原作でした・・・。知らなかった。

後半、ちょっと別世界にイッちゃったような演出ですが、間違いなく前半までは相当ビビりました。

なんか、海外の古いホテルに泊まるのが怖くなったじゃねーか・・・!!

[ 2009/09/12 19:45 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

疲れすぎて眠れぬ夜のために 内田樹 著

疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)
疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)

引き続き、内田樹さんブームということで・・・。

内容(「BOOK」データベースより)
疲れるのは健全である徴。病気になるのは生きている証。サクセスモデルへの幻想を棄てて、「1ランク下の自分」を目指しませんか?ささやかなことで「幸せ」になれるのは一つの能力です。まずは身体の内側から発信される信号を聴き取ること。真の利己主義を目指すこと。礼儀作法と型で身を守ること。家族の愛情至上主義をやめること―。今最も信頼できる哲学者が、日本人の身体文化の原点に立ち帰って提案する、最強の幸福論。



全編を通じて、「無理をしてはいけないよ」「我慢しちゃダメだよ」というスタンスをとりながら、現代人にありがちな局面に対して、どう向き合えばよいかという、内田節が語られています。

内田さんの本が良いのは、その語り口が「○○すべき」という論調ではなく、「こんなことを思いついたけど、単なるおじさんのつぶやきです。見ず知らずの人がいうことなんて、簡単に信頼しない方がいいですよ・・・」といったスタンスで書かれているところだと思います。

その部分がその辺の自己啓発系のモノとは全く違うし、対処の具体策も一般論とは逆へ逆へと展開します。でもそれが、ストンとハマるんですよね。不思議です。

個人的には、「眠れぬ夜」は無いタイプなのですが、内田さんの視点やスタンスというのは、あこがれの的です。
そんなおじさんになりたい。


[ 2009/09/05 16:47 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

サブウェイ123



この秋、一番の期待作。
久しぶりにロードショウ初日に観ました。

デンゼル・ワシントンはやっぱり、こういうクライム・ストーリーの解決司令官といった役がよく似合います。今回はかなり、感情の高ぶりも見せますが、一貫しているのはブレのなさというか、どこかクールに客観できているところ、そして、瞬時の判断力に機転が効いているところですね。

役者としての彼の何がいいか、ずっと考えていたのですが・・・
「声」ですね。
緊迫した現場に響き渡る、明瞭で自信にあふれた、通る声。
あの声にリーダーとしての素質が凝縮されているのだと思いました。


あ、もちろんトラボルタ氏のキレっぷりも、ズバリはまっています。
ほとんど「サタデーナイト・・・」時の原型をとどめないほどの変わりっぷりは、役者としての技量のなせる技でしょう。
ラストはもう少し、知能の高い悪役っぷりを魅せてほしかった気もしますが・・・。


映像の処理やシーンのつなぎ方、臨場感にあふれる音(特にレールと車輪がこすれるシャリーンシャリーンっていうあの音ね・・・)が、この映画の魅力なので、ぜひ、映画館の大きなスクリーンと、サラウンド音声とともに観ることをおすすめします。

[ 2009/09/04 11:59 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。