SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

佐々木俊尚氏講演 広告とマーケティングの未来

これまた、アップが遅くなってしまいましたが、5月20日に
電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)の佐々木俊尚さんの
講演を聞きに、原宿のダイヤモンド社まで出かけてきました。

本邦初公開! と明言されて始まった講演は、
1時間びっちり、一言も聞き逃せないほど、内容の濃いものでした。

現在、情報の流れ方の未来というようなテーマで執筆活動中とのことで、
その内容の一部を、先行して聞くことができました。

以下、考えさせられたポイントの抜粋です。


キュレーション ジャーナリズム

一次発信よりも、二次的な選別が重視される世界の仕事。

もともと、ジャーナリストは一次情報が大切だった。
ただ、今、一次情報の発信よりも、その情報の選別作業のほうが
価値があるというようになってきた。

情報の選別を専門にやる人がいてもいいではないか。
それが、キュレーションジャーナリスト。





キュレーションは、雑誌編集部や、新聞といったメディア、組織でも
できるのではないか? と思うかもしれないが、ダメである。

なぜ、それが個人である必要があるのか?

情報の真偽は見わけ難い。
しかし、人の信頼度は可視化されやすい。


一次情報が正しいかどうかなんて、実はわからない。

でも一方で、その情報を「誰が」流しているか、ということでは判断できる。

この人は信頼できるかどうかということは、判断できる。

過去の発言や、活動をベースにして信頼できる。

玉石混交のなかで、玉を見つける方法は人による選別。
それが、キュレーションである。




コンテキストとコンテンツが一体化してウェブの中で流れていく。
それは、「場」を生成する。
フォロアーを含めて、場ができる。


次の課題は何か。

では、その場はどこにできるのか?ということ。

フェイスブックは世界で4億~5億人のユーザーを誇る。
しかし売上高が五億ドル。
一人100円にしかならない。

なぜ、フェイスブックがこんなに売り上げが少ないか。

SNSの方向性には2つある。
つながり志向メディアと
情報志向メディア。


どう融合させていくか。

フェイスブックとマイスペース。

マイスペースはバーチャルななかで、音楽情報を流通させる非常に良いSNS。
(経営のまずさから不調なだけ)

フェイスブックはリアルな人間関係を重視するSNS

(実際の友人ではない人と、あまりつながらないようにと言われている)


情報アクセスと
人間関係構築とどちらを重視するべきか。


つながりがどれだけ重視されているのか。

フェイスブックはつながり重視。
マイスペースは情報重視。



つながり思考は消費意欲を掻き立てる。




購買モデルには、「意欲の生成」と「収穫」が必要。

現在の状況は
生成/ソーシャルメディア

収穫/検索エンジン
となってしまっている。
ソーシャルメディア上では収穫されずに、
検索されて、検索連動型広告によって、グーグルに金が落ちる。



アフィリエイトや、ドロップシッピングのような仕組みも可能だが、まだ、そんなに成功していない。

分離の問題が起きている。ソーシャルメディアが儲からないのはそのため。

結局アドセンスに儲けをとられてしまう。

どうやって垂直統合の方向へもっていくか。そこが課題。




広告というのは、本来、マッチングだけではく。

エモーショナルなセレンディピティを生み出していかなくてはならない。




Q
場(SNS)のなかで、(顧客の)要望を吸い上げる仕組みができないか

A
それは、クラウドソーシングと呼ばれる。
商品開発などを、SNSの中の要望で作っていく。
でも、それは、圏域が小さすぎるのが課題。

ミドルとマスのなかで、どこあたりで損益分益をとるか。

メディア全体が、ミドルな組織でちいさなビジネスにならざるを得ないのではないか?





まとめ・意見
全体を通じての感想ですが・・・

ある一定の規模をもった自分の得意分野を見つけて、その商圏の中で、情報発信と商品の流通を渾然一体とさせながら、ビジネスを行う。

その得意分野というのは、その人の自己実現とつながった場所であり、「働く」ということと、「よく生きる」ということが、ほぼ同義となる。

そういう場所をいち早く確保し、ネットリテラシーを身につけ、作家であり、キュレーターであり、店主である状態を確保する。

こういうことが、ネット時代の「幸せ」のモデルなのではないかと思いました。


以下は、講演を聞きながらPCでとったメモのダダモレ全文です。
スポンサーサイト
[ 2010/05/29 18:11 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)

オープン出版宣言 小林弘人

アップするのがおそくなってしまいましたが・・・
5月14日(金)に「新世紀メディア論-新聞・雑誌が死ぬ前に」
の小林弘人さんのお話を聞きに、丸の内まで出かけました。

私的には、今年、一番聞きたい講演だったのですが、
意外にも、席は若干空き気味でした・・・。
ですが、質疑応答のも活発で、地方でもサテライト受講されて
いらっしゃる方が多くおられました。

基本的には新世紀メディア論とFREEの内容に沿っていましたが、
講演のタイトルのとおり、小林さんの意志というか、決意というか、
宣言があり、カッコ良かったデス。

以下、心を打ち抜いたポイントを・・・。


メディアの資産とは・・・

形状ではない。コミュニティである。
コンテンツはコピーできるが、
コミュニティはコピーできない。

価値はそのメディアに集うコミュニティにあり、
それを換金化するのがメディア・ビジネス。



大切なのは、信用と継続。
これを形成するのは、目利きとしての情報提供(メディア力)
そして、コミュニティに対して寄与すること。



オールドメディアがいくらウェブビジネスに進出しようとも
うまくいかない理由。

それは、、、
地球人が火星で商売しようとしているようなものだから。

1)
ウェブは非貨幣経済と貨幣経済のハイブリッド型
ただし注目資本主義であり、貨幣が資本ではない。
(アテンションエコノミー)

2)
ウェブでは限界費用がゼロ円。つまり、タダ引力圏の惑星。

3)
1&2の理由により、情報は日用品となり、百円均一ショップの商品並みに潤沢生産品となる

4)
グーグルは非貨幣経済圏における世界銀行
(SEO対策にたいして、グーグルは調整をしている。グーグルDANCE。)

5)
「潤沢」の徹底活用か、新しい「稀少」だけが金が取れる。

コモディティになっていたら、商材にはならない。
「無料」で誘因材料にする

フリーで勝っている会社は、プラットフォーム系が多い。
「潤沢」の活用パターン



これからのメディアはストリームになる。

どこか一社がもてるわけでない。
ストリームは独占できない。

パーソナライゼーション化したストリームに、
どうやって自社商品を忍び込ませるか。




あとは・・・

アメリカのメレディスグループ
http://www.meredith.com/landing.html
http://buginear.blog10.fc2.com/blog-entry-153.html

研究してみようと思います。




以下、講演の同時メモ、ダダモレ全文です。

[ 2010/05/24 00:25 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)

7と嘘吐きオンライン (ツイッターネタの漫画)

ツイッター上でよくリンクを見かけるこのコミック。
ちょっと、展開読めすぎですが・・・。

本当に高校生ってこんな感じ? なの??
7と嘘吐きオンライン

[ 2010/05/23 15:20 ] Web | TB(0) | CM(0)

ソーシャルメディア レボリューション2

よく、セミナーの導入などで使われる映像。
最新版が出たそうです。↓
(最近、YouTubeのエンベッドタグの480ピクセル版がないことが多いので、タグ手打ちになり面倒です)


コチラのサイトに全文訳があります。


We will no longer search for products and services,
they will find us via social media

我々は製品やサービスを探さなくなるだろう。
(欲しい)製品やサービスがソーシャルメディアを通じて
我々を見つけ出すはずだ。


↑この意識転換、大切です。
ふむ。

[ 2010/05/16 23:54 ] Web | TB(0) | CM(0)

栗城史多さん アタック中!

2月21日のエントリーで「感動した!」と書いた、
登山家の栗城史多さん。

現在、アンナプルナにアタック中とのことで、
なんと、ベースキャンプからUstreamで生中継を実施しています。



すごいな。これから、いろんな歴史的イベント×生中継っていうスタイルで
おもしろいことができそうです。



こちらは5月15日の様子。ユーチューブ映像です。
[ 2010/05/16 14:30 ] Web | TB(0) | CM(0)

キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代

キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代 (アスキー新書)
池田 紀行
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 1498


トライバルメディアハウスイケダノリユキ氏の初の著書です。

新書にしては、結構なボリューム330ページくらいあります。
ソーシャルメディアマーケティングを始めようとする人に対して、
先輩からのアドバイス的な、フランクな語り口で、どちらかといえば、
「べからず」集てきな役割の本です。

たぶん、あまりに「なんとなく、やってみたい」というオファーが
多すぎて、「とりあえず、これ読んでから来てよ」という感じなんでしょうね。
よくわかります。

ちょっと、コンサルタントとしては、逃げというか、予防線はりまくりな
論調なんですが、ソーシャルメディアマーケティングの本質とは
それくらいあいまいな部分と隣り合わせなのだと思います。


「すべては、熱意をもった一人の社内啓蒙活動からはじまる」


ということですので、まずは、ソーシャルメディアを使いこなし、
熱を持つまで語れるようになることが第一と思います。

あとは、「なんとなく」依頼して、「なんとなく」実行して、
「なんとなく」広告費換算した数値で満足ことのないように。


話は変わりますが、池田さんって、
ピーマンズスタンダードの左側のほうの人に似てると思うんですが・・・。
いつも、お笑い番組で見かけるたびに思います。

↓ピーマンズスタンダードの・・・
p
↓左側の人です。
p2

怒られるかなぁ。。。
まあ、こんなブログ見ることないだろうし。いいか。





[ 2010/05/16 14:07 ] 書評 | TB(0) | CM(2)

孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 「光の道は必要か?」

すげーなー。ツイッターのつぶやきがきっかけで、実現。
動画でも、文字でも確認できます。

【書き起こし.com】全文:孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 「光の道は必要か?」

孫正義氏と佐々木俊尚氏
パート1↓

パート2↓

パート3↓



[ 2010/05/16 01:21 ] Web | TB(0) | CM(0)

ホリエモンのライフハック

発見したので、とりあえずリンク貼っておきます。

突撃!隣のライフハックvol.8:堀江貴文さんに聞くライフハック

[ 2010/05/13 02:39 ] Web | TB(0) | CM(0)

電子書籍の衝撃 佐々木 俊尚 著

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)
佐々木 俊尚
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 41



いやぁ、この本は面白かった。
最後まで息つくヒマもないくらいに、イッキに読みました。

本が電子化される世界。

その世界が私たちの「本を読む」「本を買う」「本を書く」という行為に、
どのような影響をもたらし、どのような新しい世界を創り出すのかについて、
佐々木氏の想定する結論へ至るまでの論拠が、丁寧にわかりやすく、
具体例を交えながら紹介されています。

章だてや構成も、すごくわかりやすい。

アマゾン対アップルのところは、企業小説のようにドキドキしながら
読めるし、ラストの「本のコンテクストがソーシャルメディアの中を
流れていく世界」の向こう側に響く「もっと大きなサウンド」という
表現のあたりは、未来小説を読んでいるかのようにワクワクしました。


正直、出版業界は憂鬱です。

しかし、この変化は止められない。受け入れるしかない。

本がメタ化され、
メタ化された総体としての
本とその周辺の文化が、
新しい概念として
生まれてくることになる


この新しい文化の幕開けに、一番近い位置で立ち会えることに、
喜びを感じようではないですか。


私はそんな勇気を佐々木氏にもらいました。




[ 2010/05/09 09:04 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

ひろゆき×勝間和代 対談

ちょっと、遅ればせながら、話題のこの対談の話を・・・。
YouTubeのフルバージョンは、やっぱり、削除されてしまったので、
以下のまとめサイトの全文文字おこしを紹介します。

デキビジ 勝間和代 VS ひろゆき を文字におこしてみる

これを読むと、どうみてもひろゆき氏の方が、まっとうなことを言ってますよね。
また、態度としても、まともな人間だと思います。

勝間和代さんは、自分のスタンスや過去の言論に縛られてしまって、
身動きとれなくなってきている気がします。

そして、ひろゆき氏の頭の良さを改めて実感します。
この人は本当にすごい人かもしれません。
ある意味、ホリエモンより頭がいいと思いました。
(ホリエモンとひろゆき氏の対談動画を見て)


勝間さんはその後謝ったらしいですが、問題発言の部分だけ動画が残っていたので紹介します。
↓勝間さんが明らかに、うろたえてますね。




[ 2010/05/08 09:14 ] Web | TB(0) | CM(0)

村上式シンプル仕事術―厳しい時代を生き抜く14の原理原則

村上式シンプル仕事術―厳しい時代を生き抜く14の原理原則
村上 憲郎
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 76073



4月末に村上さんの講演を聞くチャンスがありました。

前半はちょっと、フツーの話(グローバル化社会の話)が続いたのですが、
後半に個人的なご意見が出始めたところから、面白くなりました。



教育による階層化が進むという指摘

・勉強をして良い大学に入れば、良い企業に入れるといった社会の仕組み
(パイプラインシステム)が十分に機能しなくなった。
・一方でパイプラインシステムは機能停止はしていないので、
勉強すれば報われると思っている人は、勉強をすることによって
良い企業に行く傾向にある。
・一方で、勉強しても効果は無いと思っている人は、
勉強をせず、就職もうまくいかなくなる傾向にある。

勉強する人と、しても仕方ないと思っている人の階層化が進んでいる。
2階層化している。
これは、否定できない現象として進みつつあるのではないか。

そのなかで、どのように自分の人生を組み立てていくのか。
どうやって、子どもの将来を設計していくのか。

私の書籍は2冊とも「勉強しろ」と書いてあるように受け止められている。
自分はこういうパイプラインのなかで、勉強するということで来た世代。

やっぱり、勉強はしなくてはダメだという話。

教育によって階層化が進むという指摘
上流階級は努力が報われると信じている
「そもそも勉強をしなければ良い企業には入れない。
だから勉強をする。


下流社会は努力をしても意味はないと信じている。
「勉強をしても良い企業に入れるとは限らない。」
だから、勉強しない。


では、どうすればいいのか?
格差社会という風潮に流されるな。昔も格差はあった。
ネットに強くなれ。
ブラインドタッチができるようになれ。
英語を身につけろ
経済学を勉強しろ「マンキュー経済学」を読め
昔より勉強はしやすくなっている



起業の神器


ギーク
(知恵を持っている人)
×
VC
ベンチャーキャピタル(お金を持っている人)
×
ビジネス
(汗をかく人)

しかし、何よりも必要なのは
「夢・ワクワク感」



チームの中で共有できる夢、ワクワク感が必要


最後に座右の銘的な言葉として挙げられていたいくつかの言葉のうち、
この言葉がぐっときました。


力及ばずして倒れることを辞さないが、
力尽くさずしてくじけることを拒否する。



Jump on the Bandwagon and Talk Buzzwords
But with your favorite songs and dream




以下、追記部分は、議事録メモです。
[ 2010/05/03 23:17 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)

不合理で動く人間心理を知らなければなぜアレが売れるのかはわかりませんよ



アマゾンでは、まだレビュー投稿がついていませんが、
かなり面白い本でした。

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」
経済は感情で動く―― はじめての行動経済学

↑これらの行動経済学のヒット本と同類の本ですが、
見開きごとに1項目まとめられていて、読みやすく、非常にわかりやすかったです。


認知的不協和
「連合の法則」
「コントラストの原理」
「コミットメントの誘導」

  →本当に興味があるのですか?と尋ね、「YES」と回答させてから
  無料サンプルを送ると、有料版へのコンバージョン率が上がる。
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
「ロー・ボール・テクニック」



↑このあたりは、すぐ使えそうなので、φ(..)メモメモ。

どこかで、絶対使ってやろう・・・


以下の版元出版社のサイトに目次が全て出ています。
この目次を読むだけでも勉強になります。

http://www.asuka-g.co.jp/book/business/marketing/004021.html
転載します。



目次

第1章

一見、不合理な理由で選んでしまう人間の心理

━━人はどんな基準でモノを選択するのか?

1)なぜ「アレ」を買ってしまうのか?

2)買ってしまった理由は「納得」があったから!

3)「不合理の合理」が生まれる人間の心理


第2章

なぜ「アレ」を買うのかーーー購買心理の基本



購買シーンで人の心理はどう動くか?

1)「希少性」~少ないものほど価値が高い

2)「権威」~知識がある人の意見はもっともだ

3)「他人の行動」~周りの人の行動は正しい

4)「返報性の原理」~もらいっぱなしは落ち着かない

5)「一貫性の法則」~言ったことには責任を持ちます

6)「好意」~自分の好意を持つ人はいい人だ

7)「認知的不協和」~自分の判断は正しい

8)「心理的リアクタンス」~もっと自由を!

9)「親近効果」~最後のやつがいいよね

10)「連合の法則」~つながる評価

11)「コントラストの原理」~実際以上に差を感じる

12)「コントロールの錯覚」~自分の選んだものはいいものだ

13)「アンカーリング」~質問で設定を高く持っていく


第3章

購買シーンで見られる心理事例

1)今日は記念日、感謝の気持ちを送ります「みんなの記念日」

2)年に一度は自分をほめてあげたい「自分だけの記念日」

3)土曜の丑の日、ウナギの日「新しい習慣」

4)こんな生活いかがですか?「新しい生活スタイル」

5)今のあなたにはこの商品が必要です「新しい価値観」

6)しまい込んでいた興味を刺激する「興味を呼び覚ます」

7)隠している不安を刺激する「解決できたらなあ」

8)人前では話題にしにくいことを明るく話す「タブー」

9)比べれば、青でもOK?「比較の視点をずらす」

10)こんな考え方もありますよ「新たな比較の視点」

11)水は安全ではない?「新たな問題の定義」

12)まずは「ギブ」する「ギブ・アンド・テイク」

13)お客が感じるバリューを重視する「買う側の価値」

14)本音と建て前を使い分ける「反感」

15)現金割引、現金特価「反対からの表現」

16)わざわざ損するのですか?「リスク強調」

17)日本で二番目においしい料理を出すレストラン「お客が考えるメッセージ」

18)手塩にかけて育てた魚!?「ポジティブ表現」

19)これより高性能な商品はありません「間違った推論」

20)全米で1週連続NO.1「限定条件下の事実」

21)あなただったら、どう説得する?「自己説得」

22)どちらがお好みですか?「イエスの二者択一」

23)イエス、イエス、イエス「イエス誘導法」

24)本当に興味があるのですか?「コミットメントの誘導」

25)まず、○○で比較しましょう「質問順による誘導」

26)コーヒー1杯で買える液晶テレビ「鮮明なイメージ」

27)実はわけありです「小さな欠点が信頼性に」

28)これは高いので、あちらの方がお勧めですよ「欠点の解消で信頼性」

29)待ち時間で仕掛ける「快適な待ち時間」

30)一度しか断れない「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」

31)一度受け入れると断れない「ふっと・イン・ザ・ドア・テクニック」

32)実は、これも必要です「ローボール・テクニック」

33)おまけの追加は効果倍増「ザッツ・ノット・オール・テクニック」

34)数量限定77個「数量の限定」

35)今から24時間だけ受け付けます!「期限の設定」


36)お客様だけにお知らせします「希少性のある情報」

37)申し訳ないのですが、会員限定です「情報の限定」

38)残りあと○○個です「残数表示」

39)今ならお客様にだけご用意できます「希少の特別待遇」

40)ここだけの話、もう手に入らなくなりますよ「二重の希少性」

41)断わられると気になる「断りによる魅力アップ」

42)売ってないからよけいほしい「幻による魅力アップ」

43)探し回った甲斐があった「障害による満足アップ」

44)なぜ3980円なの?「大台割れ価格の魅力」

45)お礼に洗剤をプレゼント「おまけの効用」

46)確実が一番「リスクのない魅力」

47)値段が高い方がいい!「値段が決める価値」

48)どちらにいたしますか?「自分で選ぶ価値」

49)デパートの商品は高級「場が価値を決める」

50)ついでにこちらもいかがですか?「意外と安いかも」

51)ヴィトンは買いたいが交通費はもったいない「心理的財布」

52)○%オフと○円値下げ「割引表示」

53)パソコン買ったらプリンタはおまけ「値引きのインパクト」

59)前払い・後払い、一括払い・毎月払い「代金の払い方」

60)過去の損を将来に取り戻す「サンク・コスト効果」

61)興奮させる色「暖色の力」

62)活動の効率を上げる「寒色の力」

63)リラックスを助ける色「自然界の色の力」

64)西に黄色で運気が上がる風水で仕掛ける」

65)無料の情報提供で仕掛ける「うんちく」

66)優越感を感じられる「ブランド」

67)テレビに出る人は嘘をつかない「有名な人」

68)タレントの○○さんも使っています「あこがれの人」

69)第一人者が言うことはもっともだ「専門家」

70)蔵書をバックに白衣で解説する「権威を示すもの」

71)店長に怒られましたよ「私はあなたの味方です」

72)私もゴルフをやるんですよ「私はあなたの仲間です」

73)私も使っています「身近な経験者」

74)行列があったら並びたい「仲間が集まる場所」

75)わざとらしい拍手や歓声「みんながそう言うなら」

76)殺到する注文の電話「私もほしいかも」

77)素人が出演するCM「私にもよさそう」

78)ケーキとコーヒーをどうぞ「おなかの満足=心の満足」

79)新車のわきでほほえむ美女「美人への関心=製品への関心?」

80)今週末は絶好の行楽日和ですよ「良いニュース=良い人」

81)このままだと、でもこれで大丈夫「恐怖喚起と救いの手」

82)自信のない自分にさようなら「コンプレックスの強調と解放」

83)試食したから一つ買おうかな「損して得取る」

84)さすが、お上手ですね「お世辞」

85)毎週情報を送ります「顔なじみ」

86)○○さん、あなただけに「パーソナリゼーション」

87)同情するならなら買ってくれ「同情」

88) 人は見た目で判断する「勝手に広がる外見の魅力」


第4章

さまざまな心理で引き込まれてしまう代表的な購買シーン

1)「あなたのために交渉しました」~不動産屋のテクニック

2)「○○食限定、長蛇の列」~行列のできるラーメン屋

3)「たっぷりおまけつき」~DM(ダイレクトメール)の心理作戦

4)「カウントダウン」~ついつい引き込まれるテレビショッピング

5)「これであなたも必ず開運!」~ニヤリとしてしまう開運グッズのチラシ

6)「使ってみたら、最高でした!」~お客様の声


[ 2010/05/03 22:03 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。