SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東野圭吾『天空の蜂』

天空の蜂 (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
売り上げランキング: 2717

内容(「BOOK」データベースより)
奪取された超大型特殊ヘリコプターには爆薬が満載されていた。無人操縦でホバリングしているのは、稼働中の原子力発電所の真上。日本国民すべてを人質にしたテロリストの脅迫に対し、政府が下した非情の決断とは。そしてヘリの燃料が尽きるとき…。驚愕のクライシス、圧倒的な緊迫感で魅了する傑作サスペンス。


東野圭吾氏が1995年に書き下ろした、「原子力発電所」という日本が抱え続けている国家危機に対して、真正面から取り組んだ、クライシス・サスペンスです。

原子力建物をだれもが正確に「建屋」(たてや)と呼び、「マイクロシーベルト」とか「内部被ばく」、「使用済み燃料貯蔵プール」といった単語の理解が深まっている今こそ、この小説が警鐘を鳴らす問題がいかに的確であるか、ということがよくわかると思います。

17年経った今、東野圭吾が「沈黙する群衆の不気味な仮面」に向かって投じた一石が、日本国民全員に突き付けられています。
この小説を書いた東野氏が今、どういう気持ちでいるのかを聞いてみたくなりました。


文中で重工業企業に勤務する技術者である主人公たちがこのような発言をします。

「絶対に落ちない飛行機があるかい? ないよな。毎年多くの死者が出ている。それに対して、お前たちのできることは何だ? 落ちる確率を下げていくことだろう。だけどその確率をゼロにはできない。乗客はそれを承知で、その確率なら自分は大丈夫だろうと都合よく解釈して乗り込むわけだ。それと同じなんだ。」

「原発が大事故を起こしたら、関係ない人間も被害に遭う。いってみれば国民全体が原発という飛行機に乗っているようなものだ。搭乗券なんて買った覚えなんかないのにさ。だけどじつはこの飛行機を飛ばさないことだって不可能じゃないんだ。その意志さえあればな。ところがその意志が見えない。乗客たちの考えがわからないんだ。一部の反対派を除いて、ほとんどの人間は無言で座席に座っているだけだ。腰を浮かせようともしない。だから飛行機はやっぱり飛び続ける。」



この問題に対して、東野圭吾氏は決して極端な視点ではなく、極めて客観的に視座を提供してくれます。

■原子力発電所を受け入れる地元の事情。
■発電所の業務を請け負う2次請負、3次請負の実態と作業者の被ばく被害。
■原子力開発関係者に向けられる世間の視線やいやがらせ。
■非常時にも人命よりも国民の目を気にする政府。


今、まさに3.11以降に突き付けられている問題が随所にストーリーに絡んで、問題提起を重厚に描いていきます。そして、解決策の難しさも浮き彫りにしていきます。

原子力開発の是非が問われる今、是非読むべき小説だと思いました。

松崎哲也








スポンサーサイト
[ 2011/04/24 23:26 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

本屋大賞2位「ふがいない僕は空を見た」

2011年本屋大賞で2位を獲得した、窪美澄さんの「ふがいない僕は空を見た」を読みました。

ふがいない僕は空を見た
窪 美澄
新潮社
売り上げランキング: 56


著者の窪美澄さんは、妊娠出産をテーマに活動されているフリーの編集ライターさんで、私たちのお仕事関連でもいくつか執筆していただいているということを伺ったからです。(私は残念ながら面識ありません)

まあ、そんなきっかけで、会社帰りに新宿のブックファーストで買って、電車の中で読み始めたのですが・・・。最初のページからぐいぐいと引き込まれ、イッキに読み終えました。

物語は助産院の息子を中心に、同じ時間軸で起きた出来事を、周囲の人々のそれぞれの目線で表現した短編のオムニバス形式になっています。

・助産院の息子で高校1年生の斉藤卓巳
・卓巳と不倫する12歳年上のコスプレ主婦あんず
・卓巳に恋心を持つクラスメイト七菜
・卓巳の友人でバイト仲間のセイタカ
・そして、助産院を一人で切り盛りする卓巳の母

全体がこの5人の視点がそれぞれ別の文体で、口調やトーンで描かれており、その表現の使い分けや感情の機微がとても心に響きました。

日常と非日常。幸せのすぐ向こうにある、救いようのない地獄。

都市近郊のニュータウンで、誰にでもおきそうな、その何気ない恐怖が読む者の心をわしづかみにします。

土曜朝の王様のブランチで、窪美澄さんがインタビューで答えていました。
「育児雑誌では描けない、裏側の世界を小説で表現したかった」

性には聖なる部分もインモラルな部分もあって、その両側紙一重のバランスの危うさが非常にうまく表現されている作品だと思いました。

個人的には第1章と第2章のオモテウラの関係が一番好きです。

ですが、3章、4章にある仲間でありながら、嫉妬してしまう複雑な周囲の物語。そして、ラストの母親の愛と「生」の希望。

この後半部分があってこその本屋大賞だとも思います。

ぜひ、ご一読を。おすすめです。

松崎哲也




[ 2011/04/17 01:12 ] 書評 | TB(0) | CM(0)

宮城県気仙沼市への救援物資ボランティア報告

先週の土日(4月2日~3日)は宮城県へ救援物資をお届けするボランティア活動を行っていました。
本業でバタバタしていたのと、体調不良が重なり、報告が遅くなってしまいましたが、このブログでもご報告したいと思います。

仕事で担当している育児雑誌の震災前に発売された号には、広告クライアント様からご提供いただいた「紙おむつ」サンプル付録をつけていました。3月15日に次の号が発売されることから、ちょうど震災があった日あたりから、書店様で売れ残った商品が返本されてきており、サンプル付録も同様に返品されてきていました。通常はこの返品雑誌や付録は、資源ごみとして、リサイクルに回されます。

紙おむつに関しては、買い占め騒ぎもあり都内でも品切れが続出しており、被災地でも紙おむつが足りていない状況がありましたので、何とかこの返品分の紙おむつを被災地にお届けできないか、配送手段やルートを探していました。4月に入って何とかその段取りがついたので、会社のメンバーと今回の義援活動をともに行っていただいた、国際協力NGO風の会のメンバーに参加していただき、ボランティア活動としてお届けしてきました。

まずはその紙おむつですが、雑誌の付録として添付していたものですので、雑誌流通に耐えうる形状にかなり頑丈に個別包装されています。これをこのままお届けすると、被災地でごみが大量に出てしまうので、パッケージを開封して、中の紙おむつだけを取り出す作業が必要でした。かなりの人手と作業場所が必要です。

埼玉にある出版倉庫様のご厚意で特別に作業場所としての倉庫を特別にお借りすることができ、そこに社員のボランティアを呼び掛けたところ約20名のボランティアが集まってくれました。それに加えて、今回の義援活動を一緒に行った、国際協力NGO風の会メンバーが集まってくださり、約30名でそのパッケージの開梱と詰め直し作業を行いました。
RIMG0019.jpg
朝の9時過ぎから、黙々と作業を行い、13時までには、なんとかパッケージはがしまでは追えることができました。ほとんど休憩も取れずに申し訳ありませんでした。

RIMG0060.jpg
ひと箱60~70に仕分けて、新しい箱に詰め直し。合計6パレット分になりました。

RIMG0137.jpg
段ボールのサイドには、全員で被災地へ向けたメッセージを記入。真ん中に見えるポスターは寄せ書きのメッセージボード。トラックは両サイドがウィング式に開閉する、4トントラックです。
作業終了は午後4時でした。


その後、少し休憩を取ってから、深夜1時過ぎに埼玉県を出発し、東北道の宮城県一関インターを目指しました。東北道は全線開通したからと言って、決して快適な道のりということではなく、とりあえずの応急処置を行い、安全に通れるようになったというレベルです。路面のうねりや段差はまだまだ多く、ボヨンボヨンと飛び跳ねながら乗り越えていく感じです。約7時間ほどかかり、8時過ぎに一関インターを降りました。
救援物資を運ぶ特別な許可を得ていたので、高速道路の通行料は免除でした。


RIMG0150.jpg
一関インターから、気仙沼に抜ける県道です。任務を終えた作業車でしょうか。自衛隊の特殊車両と何台もすれ違いました。

RIMG0153.jpg
まず最初に寄らせてもらったのは、気仙沼の市役所です。ボランティアで集まった県外の方々、報道の方々も多くおられました。


RIMG0216.jpg
防災対策センターは市役所に併設された地域交流センター内に。
このセンター内にも赤ちゃんのいるご家族が避難されていて、持参した紙おむつや肌着、絵本などを手渡しさせていただきました。消耗品や肌着は替えが必要なので非常に喜ばれました。避難場所でも赤ちゃんの笑顔は全員の心を和ませてくれます。

RIMG0266.jpg
次に、気仙沼市内の高台にある、気仙沼市立病院へ。こちらでも、紙おむつ・肌着、あとは事前にリクエストをいただいていた、尿漏れパッドなどをお届け。

その後、市内の避難場所を回りましたが、写真などは撮影できる空気ではありませんでした。ちょうどお昼時でしたので自衛隊の戦車部隊のみなさんがカレーライスの炊き出しをされており、非常に心強く感じました。炊飯システムなども、一般の仕様とはスケールが違います。

RIMG0328.jpg
残りの大部分の物資は、救援物資の指定納品先となっている場所へ。ここは元は「青果市場」だった場所です。現在は自衛隊の皆さんによって物資の基地として活用されています。

RIMG0351.jpg
フォークリフトを使って、次々に救援物資が荷卸しされていきます。
自衛隊の方々は本当に心強く、献身的な働きぶりでした。

RIMG0352.jpg
倉庫内は医薬品、食品、衛生用品、生活用品などと、大きくジャンルごとに区分けされ、物資が積み上げられています。そのすぐそばでは、各避難所や自治体から要望のあったリストを頼りに、出ていく物資のピックアップもされていました。私たちがお届けした紙おむつもさっそく、市内の保育所に出荷されていきました。

RIMG0359.jpg
すべての物資をお届けし、少し安心した表情の私たちです。
左が国際協力NGO会長の宮瀬英治さん。右が私、松崎です。


物資お届け後、沿岸部の様子も少し確認することができました。
RIMG0312.jpg
JR線を越えたあたりから、さらに景色は一変します。
RIMG0309.jpg
青空とのコントラストが、いっそう悲しみを引き立てていました。

この場所で五感で感じた感情は、一生忘れないと思います。

協力していただいたみなさん、国際協力NGO 風の会の皆さん、運送会社の方々、作業倉庫を貸してくださった方々など・・・すべての方々に感謝です。ありがとうございました。

今回お届けした物資は以下の通り。
乳児用紙おむつ・・・・約1万5000個
ベビー用下着、服・・・10箱
ベビー用フリース毛布・・・400枚
音が出るしかけ絵本・・・・1000冊
その他ご要望があった衛生用品、離乳食など・・・・数箱

以上です。


松崎哲也

[ 2011/04/10 23:10 ] その他 | TB(0) | CM(0)

上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告

この会見動画を見て、一般報道の裏側で行われていたことを知りました。
信じるか信じないかは、みなさんの判断にお任せしますが、衝撃的な内容なので、全6パートを紹介します。

パート1


パート2


パート3


パート4


パート5


パート6(ラスト)


途中上杉隆さんは、もうすぐジャーナリストをやめるという気になる発言をされています。確かに今のジャーナリスト界では居場所が無いのかもしれませんが、インターネット上では変わらず活躍していただきたいと思います。

松崎哲也

[ 2011/04/10 20:42 ] Web | TB(0) | CM(0)
最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。