SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法

明日のコミュニケーション 「関与する生活者」に愛される方法 (アスキー新書)
佐藤尚之
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 114


佐藤尚之さんの新刊です。

佐藤さんの前作、「明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 」が出版されたのが2008年。当時はネットマーケティング専門の部署に在籍しており、何度も繰り返し読みました。
前作では、インターネットの普及以前と以後の「広告」の在り方の変化についてメインに語られていました。実は、この私のブログの読者が最も多く買った本が、その「明日の広告」です。(アフィリエイトによる売上カウント) マーケッター必読の書と言われています。

そして、3年後の今作ではSNSの普及を前提とした、「広告」の進化系としての「コミュニケーション」について、マーケティング担当者はどのように「お客様から愛される関係」を構築していけばいいのか、具体的にその手順について記されています。顧客の変化とその背景についてまとめながら。

内容的には、2011年の5月に紹介した「ロングエンゲージメント なぜあの人は同じ会社のものばかり買い続けるのか」と似ています。実際に「ロングエンゲージメント」ということの重要性を説いた章もあります。

ソーシャルメディアを過大評価はしないけれど、やっぱりお客様の行動は劇的に変わってきた。何よりもアテンションの争奪戦から、共感の獲得へコミュニケーションの目的が変わってきた。「口説く」から「愛される」ためのコミュニケーションをどう構築していけばいいか。という内容です。


しかし・・・
こうやって、何年も勉強して心の底から理解したつもりになっているのに、自分の仕事となると、なぜ旧来の方法論から抜けきれないのか。それどころか、共感を得ようとして、あれこれ組み立てるうちに、どこかボタンを掛け違えるようなことをしてしまっているのではないか? そんな気持ちにもなりました。
みんなで、あれほど語り合ったのに。
顧客分析やメッセージの方向性について企画書の山を積み上げてきたのに・・・。

読みながら、かなり自己嫌悪に陥りました。
本当に。。。。
かなり、いろいろなことを考えた週末でした。

しかし、私たちはくじけている場合ではありません。

なぜなら、「真剣に伝えたいことがあるから」です。

手順のなかで、踏みちがえてしまったポイントもわかりました。
そして、これから「チューニング」すべきことも見えてきました。



最後のまとめに「コミュニケーションは全員野球へ」とありました。

今よりももっと愛されるブランドへ、愛される組織へ進化していく努力を、ブランドにかかわるすべての人たち全員で、何としても成し遂げていきたい。そういう決意を新たにさせていただきました。

ありがとうございました。


※書評というよりは、自己反省文、自己決意文のようになってしまいました。すみません。

松崎哲也


スポンサーサイト
[ 2011/10/17 05:44 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。