SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

成長実感って気持ちいい

5月くらいから、週末にプールで泳いでいるというのは、何度かお伝えしていると思いますが、この週末に、念願であった「クロールで止まらずに1キロ泳ぐ」という目標を達成しました!!

水泳の経験のある人にとっては、なんてことないのかもしれませんが、私にとってはとてつもない目標でした。泳ぎは決して不得意な方ではありませんが、最初に泳いだ時は50メートルでアップアップ。長いあいだ100メートル以上泳ぐことができませんでした。

100メートルを泳いでは、10分休憩。それを5回繰り返して上がる。
そんな時期が長く続いていました。

それが、先週、なんとなく行ける気がして、一気に400メートルくらいまで距離が伸びたのです。実を言うと、もう少しいけそうな気もしたのですが、それ以上は子供の頃を含めても未体験だったので、ちょっと怖くなって、上がったのでした。

そして、今週は「絶対に1㎞泳ぐんだ」という決意のもと、臨みました。
当たり前ですが、1㎞って、1000メートルです。
25mプールで40本。20往復です。
ビギナーにとっては目もくらむような距離です。

最初の苦しさの山は3往復目くらいに訪れます。それを乗り越えるとリズムが出てきます。
「ランナーズハイ」ということをよくいいますが、それに近いものを感じました。
なんらかの脳内物質が放出されているのですね。

とりあえず10往復を最初の目標にするのですが、だんだんと回数もわからなくなってきます。
頭の中で、数をカウントすることだけに集中して乗り越えます。
これだけ泳いで、まだ半分か・・・という事実に頭がクラクラしてきます。
このあたりで、水中で力んで声が出ていることに気づきます。(笑)

途中で何度も立とうかと思いますが、自分との戦いです。
19往復目。「ここまで来たら、もう1キロ泳いだって言ってもいいよね」>というような悪魔のささやきが聞こえます。

それでも20往復目のラストになると、気分が高揚してきて、ラスト20メートルは猛ダッシュで泳ぎ切りました。

私自身のなかで、これは大きな自信になりました。

なんというか、成長実感って気持ちいいですね。
この歳になると、衰えを感じるばかりで、成長を実感する機会ってほとんどないので。(笑)

そして、目標実現のハードルは、実は自分の気持ちの中にあるのかもしれないと思いました。

ひょっとしたら、泳ぎ始めて3ヶ月目くらいで、1キロ泳げる実力はあったのかもしれない。
でも、気持ちとして「そんなことできるのは別の人種」と決めてつけていた自分がいました。

大台を目前にしているせいでしょうか。なんか、あせるように自分を追い込んでいます。

参考にした本を紹介します。





[ 2008/09/27 00:00 ] 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。