SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略

発売前から、全文無料でダウンロード可能といったニュースで話題をさらっていた、この本。
※ちなみに日本語版PDFの先着1万名ダウンロードは43時間で達成され、現在はダウンロード不可です。

発売日の前日の25日には三省堂に並んでいたので、買いました。
まだ、最後まで読んではいませんが、業界で話題になるのも納得の一冊です。

ポイントをまとめようとも思ったのですが、すでに、素晴らしい書評などがたくさんあるので、その紹介にとどめます。ぜひ、色々検索してみてください。

わかりやすい要点まとめ↓
クリス・アンダーソンの新著“フリー”の波紋。有料とのハイブリッド型も提示

単なる「無料」はビジネスモデルではない--「無料提供」とビジネスモデルの関係を考える


反論も面白い↓
マルコムグラッドウェルがクリスアンダーソンのFREEの書評を書いていた その1 その2



ちなみにk、この本、原題は「The Future of a Radical Price」と言います。
ちょっと、日本語題とニュアンス変わりますよね。

英文の要約版はScribdに上がっていました。↓
FREE by Chris Anderson (Abridged)

Youtubeには、著者のクリス・アンダーソンさんによる、紹介動画もあります。↓



また、スライド・シェアには、クリスさんのプレゼン資料も共有されています。
この本の挿画として観ると、面白いと思います。



この本の趣旨に合わせて、Freeのコンテンツで紹介してみました。

しかし、クリス・アンダーソンさんは、2007年にはこのことを発表してたんですね。
上のスライドは2年前に共有されたのものです。

そのころ日本では、まだ前の本のロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略の方の話題で持ちきりだったと思います。

やっぱり、英語で情報収集できると、2年くらいは情報感度を先取りできるんですね・・・。
んんんー。がんばろう。








[ 2009/11/28 14:58 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。