SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2009振り返りベスト5 発表!

本年も残り僅かとなりました。
振り返りの意味も含め、今年紹介した書籍の中からベスト5を選んでみました。

1位から紹介します。

第1位

「オバマ現象のカラクリ」(4月6日紹介)

オバマ現象のカラクリ 共感の戦略コミュニケーション(アスキー新書)
2008~2009の最大のマーケティング事例といえば、間違いなくアメリカの大統領選挙であったと思います。
企業のPRや販促戦略にも応用できる点をわかりやすく解説しているこの本は、本当に何度も読みました。


第2位

The 決断 決断で人生を変えていくたったひとつの方法(12月20日紹介)

The 決断 決断で人生を変えていくたったひとつの方法

第2位は、先週ご紹介したばかりの本です。
読後間もないということの影響もあると思いますが、今後、重要な決断の局面に於いて(公私ともに)、必ずこの本の内容に照らして考えると思います。
それくらい、共感できる内容でした。

第3位
フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略(11月28日紹介)
フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

これからのビジネス、特に情報系ビジネスは、必ずこのフリーミアムの考え方に対する姿勢を問われると思います。
うまく味方につけて、流れを操作する側に回らなくてはと感じました。


第4位

WebPRのしかけ方 ――広告だけに頼らなくても、モノは売れる。(10月18日紹介)

WebPRのしかけ方 ――広告だけに頼らなくても、モノは売れる。

この本もかなり繰り返し読みました。
バランス感覚の求められる仕事であり、結果論になりがちな分野ではあると思いますが、
やっぱり、ひとつの流れではありますので、無視はできないやり方です。



第5位

「R25」のつくりかた 藤井大輔 (5月16日紹介)

「R25」のつくりかた (日経プレミアシリーズ)

新規事業の立ち上げストーリーとして、勉強になるし、勇気ももらいました。
実際、R25は隔週刊になるなど、苦戦してますが、雑誌メディアでできることを
ゼロベースでとらえ直し、イノベーションを起こした事例として、尊敬します。


番外編(1)

街場の現代思想  内田 樹著 (8月30日紹介)

街場の現代思想 (文春文庫)

ビジネス書ではないのですが、物事の捉え方、視座として内田さんの著書は目からウロコの爽快感にあふれています。
最近、どんどん人気でてますね・・・。


番外編(2)
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術(2月15日紹介)
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

反して、一時の人気の反動化、ものすごく風あたりのキツい立場に立たされているのが、勝間さんです。
でも、私はそれくらい「反作用」がでるだけの、「作用」を世の中に示した方だと思います。
このタイトルである「起きていることはすべて正しい」という考え方は、折れそうな心を奮い立たせるときによく使わせてもらっています。


では、みなさん。良いお年を!!
[ 2009/12/27 23:39 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。