SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代

キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代 (アスキー新書)
池田 紀行
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 1498


トライバルメディアハウスイケダノリユキ氏の初の著書です。

新書にしては、結構なボリューム330ページくらいあります。
ソーシャルメディアマーケティングを始めようとする人に対して、
先輩からのアドバイス的な、フランクな語り口で、どちらかといえば、
「べからず」集てきな役割の本です。

たぶん、あまりに「なんとなく、やってみたい」というオファーが
多すぎて、「とりあえず、これ読んでから来てよ」という感じなんでしょうね。
よくわかります。

ちょっと、コンサルタントとしては、逃げというか、予防線はりまくりな
論調なんですが、ソーシャルメディアマーケティングの本質とは
それくらいあいまいな部分と隣り合わせなのだと思います。


「すべては、熱意をもった一人の社内啓蒙活動からはじまる」


ということですので、まずは、ソーシャルメディアを使いこなし、
熱を持つまで語れるようになることが第一と思います。

あとは、「なんとなく」依頼して、「なんとなく」実行して、
「なんとなく」広告費換算した数値で満足ことのないように。


話は変わりますが、池田さんって、
ピーマンズスタンダードの左側のほうの人に似てると思うんですが・・・。
いつも、お笑い番組で見かけるたびに思います。

↓ピーマンズスタンダードの・・・
p
↓左側の人です。
p2

怒られるかなぁ。。。
まあ、こんなブログ見ることないだろうし。いいか。





[ 2010/05/16 14:07 ] 書評 | TB(0) | CM(2)
著者の池田紀行です
ご紹介ありがとうございます!

現状、あまりにも「なんとなく」が多いことに危機感を感じているため、仰るとおり予防線多すぎに感じられたかもしれませんね・・・。

それにしても、ピーマンズスタンダード(の左の方)、知りませんでしたが、確かに似てますね(笑)

これから「似ている芸能人」の一人に加えさせて頂きますw
[ 2010/05/16 16:40 ] [ 編集 ]
Re: 著者の池田紀行です
あわわ・・・。

著者ご本人からのコメント。恐縮です。
急に汗出てきました。(~_~;)

セミナー、ブログ、著書とも、日々勉強させていただいております。

今後ともよろしくお願いします。

コメントありがとうございました。

[ 2010/05/18 23:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。