SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

佐藤悦子 ビジネスとクリエイティブの新しい関係を築くために

夕学五十講 佐藤悦子 ビジネスとクリエイティブの新しい関係を築くために

株式会社サムライ マネージャー
佐藤悦子さん
佐藤悦子

キリンチビレモン
コンビニの棚を最大のメディアと捉えた
商品の根本から関わることの可能性を感じた

2000年の侍の初仕事
SMAP
ツタヤ東京六本木

最新のCM
麒麟ビールの企業広告

クリエイティブマネジメント

■ビジョンの共有
クリエイターとしてのビジョン
時代のアイコンになりたい。
あるべき姿を共有している
どんな仕事を選び関わっていくかの基準はココになる。
まずはマネージャーが面談し、判断する。
ギャラやスケジュールの話も自分でやる人がいる
受けるときも断るときも客観的な視点で話ができる。

今治タオルのプロジェクト
ジャパンブランドとしての助成金の対象になった。
プロジェクトの成功というのは、デザインをつくることではなく
世間のなかでプロジェクトが成功したと認められることが成功のポイント

医療、教育、地場産業のようなクリエイティブがいきわたっていないところに
デザインの力を入れて生きたい。
単なるロゴの作成ではなく、
3年間のクリエイティブのロードマップの仕事なら引き受けることができる。

まずは東京に販売拠点を設けることが優先
ブランド戦略のための助成金なので、販売拠点を伸ばすためのお金でない
手に取る機会がないものは、ブランドやイメージ以前の問題。

3年間のビジョンのためには、流通にも切り込む
伊勢丹での直販売ルートの開拓
タオルソムリエという制度を作る
タオル見本帳の作成
今治でのタオルメッセの開催

最初の設定、どういうスタンスで仕事をしていくかということが共有できていれば困難も乗り切れる。
佐藤に何を求めているか。ということが大切。

メディアの選択基準
判断基準はクリエイターとして。
クリエイションのビジョンを伝えられるような媒体。
はなまるマーケットにも出演する。デザインのパワーを主婦に伝えられるいい機会。
ニュース番組からコメンテーターとしての出演依頼は断っている。

幼稚園、幼児教育をやりたい。
デザインの力が入っていないところでデザインの力を。
医療や介護の分野でやってみたい。公共の場のデザインをやりたい。
日々変わってきている。
自己発信には興味ないといっていたが
絵本を書いてみたいというようになった。

他人なので言わないでもわかる、ではなく、相手の立場を常に見ながらコミュニケーションする。
日々のチューニング、アップデートは重要。



■最上の環境のアレンジ
クリエイターがクリエイションに集中できて、他のことには一点の曇りもない状況

佐藤のスケジュールの管理が最大。
物理的なスケジュールと頭の中のスケジュールはちがう

ミーティングの間にはクリエイションはできない。
大きな仕事のクリエイションの時間は最初に確保する。
空白の一日をつくる

存分に仕事するためには、信頼かんけいが大切
ふじようちえん
園舎イコール大きな玩具
園の服の代わりにTシャツをつくったり

トップランナーに出たときに幼稚園をつくりたいといった話から企画が始まった
幼児教育の新しい可能性を探る企画
園長先生とのコミュニケーション
何をしたいのか、地域のコミュニティの基点となりたい。
クライアントの要望を100%聞いたうえで信頼関係を築く
当初の予定より2年遅れた。それでも、コミュニケーションを優先。

設計士の段階にはいっても、まる投げしない。
施主とデザイナーの間にも入る。

権利関係も環境としては大切。
ドコモ702id 702シリーズ
ドコモ、NEC、侍の3社で権利を獲得できた。
次のモデルの時もサムライデザインにできた

権利やバジェットの話を最初にしない環境がある。



■関係者に対するクオリティの保障
ビジネスとしての関係において成立しているクリエイター
芸術家ではない。
普通のことを嫌う傾向があるが、普通のことができたうえでの芸術

最高のパフォーマンスで応えることが義務
体調管理が大切
三木谷さんが体調について。
風邪気味で現れたときに、「それでパフォーマンスが発揮できるのか?」と言われた
最前線で活躍する人は、体調管理を気にしたことがない。

クリエイターだからといって普通のことをふつうにやる。
敬語をつかう、時間を守る、場にそぐわない服装、いただいたものへのお礼
普通のことができるということを気をつける

そういったディティールがクオリティを決める。
日々の小さな積み重ねがクオリティをつくる。

理解力と表現力
ビジネスパーソンに求められる条件

自分に求められていることはなにか?
クリエイターがエゴを出さない。

世界にかけるショーケース
2月に依頼で10月に開店
スケジュールが最優先課題
サンクスギビングセールに間に合わせる
かつ、クリエイティブ
ついつい、スケジュールに関して文句が出てしまう。
エゴが

クリエイターの役割を理解させる。この仕事はスケジュールが第一条件。



最も大切なこと。

何者にも依存しないこと。
クライアントに依存しない。(金銭的に、経営的に依存しない)
冷静な判断ができなくなるので。上下関係を作らない。結果が出なくなるので。

外部のクリエイターにも依存しない。
任せたパートは思い切って任せるが、必要であれば、スタッフを代えられるような
体制にしておく。

社内のスタッフに依存しない。
細かいことや現場の進行はスタッフに任せている。
何かあったときには、代行できるように。
どんなに細かいメールでもCC、BCCさせる。

http://www.cafeglobe.com/career/interview/int_vol99.html
[ 2008/06/09 00:00 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。