SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝間和代 働く人のための金融リテラシー

働く人のための金融リテラシー
なぜ、銀行に預けきってはいけないのか
勝間和代さん

今日は、サテライト含めて1700人。
会場に400人集まった。今までで最も多い人数。

細かい情報でも捕まえておけ。
セレンディピティ
=計算された偶発性

出会える情報、ソースは限られる

なぜ、私が代表的女性に選ばれたか。
ウォールストリートジャーナルの記者が知っていることが第一条件
それが700人 普段お付き合いしている記者の人に価値を認めてもらうか
日本の最新情報を事細かに伝えた。英語
ギブの慕情 恩があるときには売っておけ。
普通なら気持ち悪くなってくる。恩を返したくなる。
どこにいい話がころがっているかわからない。

本07年に5冊 合計120万部
年収10倍アップ
年収10倍アップ勉強法が10万部。
社会責任投資のファンドがうまくいきそうにない。

ストレスがたまらないか? と聞かれる
気持ちがぶれないようにする。
成功の復讐
普段あまりいいことが続いた時には

ベストマザー
情熱大陸

私を利用する人も出てくる


麦畑
97年に設立 6000人
ローカルナレッジの共有 ワーキングマザーの出生数が増える 8人までいる

サブプライムローンの破綻と少子高齢化の関係

人口減少で困ること オリンピックのころも1億人 6% 
2050年の1億人になるとき、36%

公的な設備の最適配備ができなくなる→再配分
コストが上がり続ける

家計での資金需要が減退する
人口が減るとGDPは減る
企業も資金需要がなくなる

銀行にもお金が余っていく
無理な資金需要を作らないといけない。必要以上のリスクをとって貸し出す。
→サブプライムローン破綻に

全体の1%のこげつきでこれだけの影響があるとは思わなかった。
ブラックスワンという本 金融のクライシスにおいて めったに起こらないこと
2Σや3Σ離れたことも結構起こる
リスクがリスクを呼ぶ
新しいリスクマネジメントを間違えるとおこる

もともとにタイトルは「預金はリスク」
年金はフードクーポンくらいになる

複利の計算の怖さ 5%を14年で倍になる
銀行預金の比率が多い
リスク投資は2割くらいしかない

金融リテラシーの不足

分散投資すら半分が知らない
知っているか知らないか?ということが大切
アメリカから401Kの運用から
ミドルからアッパーミドルが資産運用をしっかりしている

金融リテラシーの必要性
金融の役割について直観的に理解できる力
株に集中している


日経ヴェリタス 株の話しか売れない

忙しさと金融リテラシーの関係
労働収入に頼るから忙しい
忙しい。
優先順位が低いままになっている

正社員雇用が守られすぎている
正社員はなるべく雇いたくない、雇ったら使い倒したい

撤退もできない
儲からない事業がのこる

長時間労働してもいいから正社員を守りたい
そういうなかに、金融リテラシーの入るすきがない

貯蓄から投資への流れはわずかずつではあるが進みつつある

確定拠出年金の普及
この枠内でどう賢く振舞うか

持ち家
これまでの土地神話がくずれた

不動産投資 リートを買っておく

アメリカでもふぉ1200万くらいのひとが1億くらいをかってしまう
個別株 個別株の損は個人客がギャンブルとしてやtt
信用取引残高損え記録


忙しい人が投資として新聞
機関投資家が読んだあとの出し殻


預金にも隠れて数量がある

国債の金利が基準金利

儲かっているのが、住宅ローンと大口定期
すぷれっとが大きいから。
もし買うなら個人国債を買う。
証券会社は手数料が取れない

家計診断を雑誌でたのまれることがある。

教育通信費
生命保険が 常に過不足が生じている
義理、人情、プレゼント

ネットで見直しが楽になってきた
生命保険会社も

見直せる保険のメリットデメリット

一年振り返り形の保険
毎年のふりかえり、必要な分だけ保険をかければいい

投資信託が嫌われる理由
販売手数料が高い 

ETFはいっぺんに多く買わないといけない

原則、今分散投資できるのは投資信託しかない

ノーロード インデックス
手数料がただ ファンドマネージャーなし
日経225
インデックス型がなぜ、成績が安定するか?

囚人の知恵
100人のうち 5人が稼ぐ
25%の人しか買えない。 ギャンブルは非効率
インデックス ノーロードを買ったほうがいい
ファイナンスを普通に説明するのはわかってもらえない
小額でも分散投資できるから



コモディティファンド

20世紀は は安すぎた


国際分散投資

ブリックスはコモディティが多い

ドルコスト平均法
国際分散投資

これをすれば大体は上がる
アセットも、タイミングも分散数する


コモディティは上がっている
ユーロがあがっている

株式は下がる
債権は上がる可能性がある
といわれている


リスク耐性によってポートフォリオが変わる

最大ドローダウンはどれくらいか?

バランス型投資信託
ノーロード インデックス型

サブプライムローンの原因

トータルでみたら、どうみてもおかしいことも
個人のインセンティブ
の集合体
営業マンのボーナス
貧困層の住宅の夢
ゆがみがでてしまったのが、サブプライムローンの原因



同じような金融
直接投資の方が少し有利
ETF

フォトリーディング
心の
ノンコンシャスな無意層

2日半
認知学入門

認知の仕方を教えてくれる
なんとなく知っている
なんとなく判断がつく
加速学習に対する本がでくればいい

読むときに課題を設定する
答えに対してどうよんでいくか
著者がこたえているところを

緩急をつけた読み方
ナナメ読みの技術


子どもに対しての金融リテラシー
日常的な会話
どれくらい働くとどれくらい稼げるか
ものの価格
カロリー単価
1円で買えるカロリー

安いお金でカロリーをとるのはどうするか?
でも、バランスが崩れてしまう

減価償却の話をする
コートのようなものにはお金をかける
絶対値で考えないようにする

お金と暮らし
金融リテラシーの基本


決断力のつけ方 アプローチ方法

問題解決
ミーシー
ロジックツリー
ピラミッドストラクチャー
仮説
検証
その流れをみにつけて 簡単にできるようにする

2、3年かかる

仮説検証サイクルをする
悪い仮設はない仮説よりまし

自分の行動のなかから、次の方法を探していく

物価上昇と金利、株式

政府としてインフレにたいするマネタリーポリシーが効く

コモディティは投機マネーが入っている
日本においてhあインフレターゲットを置いていないことが問題

悪いいんふれ スタグレーションが起きてしまう

インタレ インフレターゲット

投資にはコストと時間が必要
時間をつくることができない

トヨタの改善とおなじ
作業と仕事を分けている
普段の生活の中で、効率が良くなることを探して
チマチマと良くして行く
0. 2%を365日やっていると2倍になる
細かい改善 食器の並べ方
テレビは見ない お酒とタバコ
これだけで時間は残る


401Kの話
従業員にたいするメリットはない
ポータブルであることくらい

デメリットは6割がた預金になってしまう
リスク資産への投資が少なくなってしまう
期待リターンが半分になってしまう
システムもリスクになる 会社もリスク
新しい会社は普通

国民に金融リテラシーが上がるメリットはある



スケジュールのバッティングに優先順位のつけ方
家族→友達→仕事の順番に優先順位をつける



働く人のための金融リテラシー




[ 2008/05/14 00:00 ] 講演会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。