SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド

さて、今週はオリンピックに釘付けになっており、ちょっとインプットが
少なめでした。

慶応丸の内キャンパスの夕学五十講も、今ちょうど中間休みで、9月から後期が
始まるのですが、前半のプログラムの中でもひときわ印象的だったのが、やはり、
勝間和代さんです。


その勝間さんが、いちばん最初にまだ証券会社の社員時代に書いた「インディでいこう」
という書籍を再編集した勝間和代インディペンデントな生き方実践ガイド
という本を読みました。
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)

勝間さんが提案する、「インディ」とは「インディペンデント」な生き方をする女性。
精神的にも、経済的にも周りに依存しない、自立した生き方。
インディの3つの条件とは・・・
1)年収600万以上を稼げること
2)自慢できるパートナーがいること
3)年をとるほど、素敵になっていくこと

だそうです。

こうした「インディ」な女性になるために必要なポイントを具体的にわかりやすく
書いています。
法則としては以下の2つだそうです。
1) じょうぶな心
2)学び続ける力


1番目の「じょうぶな心」というのが意外でした。

じょうぶな心」とは、次の4つの心を兼ね備えた状態だそうです。


1)自分の想いで環境をつくる
2 )周りと調和する
3)すべてをゼロイチで考えない
4)がんばりすぎない


勝間さんの「インディ」な生き方というのは、男社会の中で男と同等に
競り合って生きていくのではなく、もっとしなやかに、周りを味方につけながら、
自分のペースをつくりだしていく生き方なのだと思いました。

また、この本には、他の著作にはあまり出てこない、「男」との付き合い方の
話も出てきます。興味ある人は読んでみてください。(笑)


最後に「インディ」になるための6つの約束ということが書かれています。

じょうぶな心のために」
約束1、愚痴を言わない
約束2、笑う、笑う、笑う
約束3、姿勢を整える


「学び続ける力のために」
約束4、手帳を持ち歩く
約束5、本やCDを持ち歩く(←この場合のCDとはオーディオBOOKのことです)
約束6、ブログを開く


勝間さんはこの6つを今も守っているそうです。

最後にしめくくりとして
「人間は言動によってしか変われない」と述べています。

この本を読む人は何十万人もいるけれど、すぐに実行する人はほとんどいない。
すぐに手帳を買いに行ったり、翌日にブログを開く行動ができる人だけが、
インディになれるそうです。
結果の違いはその言動ができるかどうかの差だけだそうです。

勝間さんは、本当に無理なく、しなやかにそれをやってみせるところがすごいですね。
また、自分のやってきたことや、成果につながった言動を振り返って、
原理原則に整理して、箇条書きで言語化して発信しているところが非凡なところだと
思いました。
[ 2008/08/17 00:00 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。