SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HAPPIER―幸福も成功も手にするシークレット・メソッド ハーバード大学人気No.1講義

先週ご紹介した「ザッポス伝説」のなかで、著者でザッポスCEOのトニー・シェイ氏が
「幸せになるための研究(サイエンス・オブ・ハピネス)を学び、あなた自身の人生に生かすべきだ」と主張されており、その中でこの本を紹介されていたので、興味をひかれて読み始めました。



この「幸せになるための研究」は学術的には「肯定心理学」(ポジティブ・サイコロジー)という研究分野らしく、ハーバード大では、最も履修登録数の多い科目(2006年)となったそうです。

この本の著者タル・ベン シャハー氏はその講義を行っているハーバード№1の教授。
マーケティングや経済の実学よりも、こういう人の内面にフォーカスを当てた研究に注目が集まっているのは、MBA界の一つの流れだと思います。ザッポスやパタゴニアのような企業に注目が集まるのもそういうことからだと思います。

さて、肝心の幸せになるためのメソッドですが、ものすごーくザックリいうと

■内なる声に耳を傾ける
■幸せは成功を犠牲にしないと認識する
■幸せになるための目標設定をする

これらのことが、基本条件となっています。

結局は、ここなんですよね。自己啓発系の本にはすべてここからスタートしているように思います。

この基本設定のあとの実践プロセスは本書を確認してください。
この本の価値は実践方法の方にあると思います。

ただ、個人的にはちょっとこの方法論に食傷気味なことも事実です。

翻訳者の坂本貢一さんが、あとがきにタン・ベル・シャハー先生が提唱する「幸せの6つの秘訣」なるものを紹介してくださっています。これが、結局いちばんグッと来たので、そちらを紹介させていただきます。

『幸せの6つの秘訣』
①自分に人間として生きる許可を与える
②幸せは、意義と喜びが交差する場所に横たわっている
③幸せは、社会的地位や預金残高などではなく、心の状態に依存しているということを忘れない
④生活を単純にする
⑤心と体の密接な結びつきを忘れない
⑥可能なかぎり頻繁に感謝を表明する


↑本書には解説もついているので、ぜひ読んでください。
(ボストングローブ紙のウェブサイトからの引用だそうです)


最後に・・・
この本の出版社が「幸福の科学出版」であるということに読了後気づき、そのあまりのストレートさに思わず苦笑してしまいました。(^_^;)

松崎哲也

[ 2010/12/26 12:48 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。