SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[非公認] Googleの入社試験

[非公認] Google入社試験 という本を読みました。
グーグル入社試験としては、謎の人材募集広告が有名ですが、
そんなグーグルだったら、こんな問題を出すだろう、という予想問題集です。
[非公認] Googleの入社試験[非公認] Googleの入社試験

先日紹介した、細谷功さんのフェルミ推定に近い問題も多く掲載されています。

ですが、そういうのはコンサルティング会社の入社試験のレベル。
グーグル入社試験には、それを超越した、軽やかなユーモアに富んだ
解答が求めれらるのではないか? そういう論調でした。

掲載されていた質問のなかで、飲み会でもつかえそうな簡単なネタをいくつか。
(ネタばれになるので、まだ読了してない方は注意)

①1日に時計の長針と短針は何回重なるか?

②How much should you charge to wash all the window in Seattle?
(シアトルにあるすべての窓ガラスを拭くとして、あなたは代金を
いくら請求しますか?)

③8歳の甥に「データベース」の意味を3つの文で説明しなさい

④検索技術の次の大いなる飛躍とはなんでしょう?










========================
(ネタばれ注意)

以下解答例です。
22回
これは、正解が一つしかない明解な答えですね。
答え方、ロジカルで完結な説明の仕方が問われるのではないでしょうか?
スタートの0時00分を数えるべきか、数えないべきか・・・あたりで固まって
しまった人は「地頭力」の本を読んでみてください。



②これが、グーグル流入社試験の真骨頂でしょう。
見積もりの質問ですから、金銭感覚を試されているのかもしれない。
大雑把に捉えて、倍半分の精度で答えをだす、フェルミ推定的な
思考プロセスをチェックされているのかもしれない。

この本での模範解答とされているのは、「代金はいらない」というものでした。

原文のまま「wash」(洗う)だけでよく、主語がないのなら、代金はいらない。
なぜなら、シアトルは雨期が長く、雨がよく降るので、
何もしなくても、すべての窓は勝手に洗われてくれるから。


そういう回答でした。
フェルミ推定でそれらしい数字を出せた人はそれでokと思います)




これも正解がないですよね。
この本にはひとつの参考例として以下の答え方が記されていました。

ここに気にの本棚があるよね
本棚は、好きな本を出したり入れたり、並べ替えて整理したりできるね」
この本棚みたいに、データというのものを出し入れしたり、整理したりできるものがデータベースだよ。


んー。つまらんですね。これでは受かりそうにないです。




グーグルの技術者が普通に答えてしまった、つまらない答えとしての模範解答は・・・

オントロジーを用いたセマンティックウェブによる、Webページの「意味」を踏まえた検索


ということでした。



============================

どうこたえるのか、また、それがどう評価されるのか?

私の結論としては、何かテクニックを用いて、うまくふるまおうとしても
意味がない。結局は自分のスタイル、方法論を持っていて、それを
「アンカー」として、説得力のある意見を言える人が強いのではないか?


そういう結論に至りました。
[ 2008/11/22 00:00 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。