SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ママはテンパリスト」と「育児なし日記」

ママはテンパリスト 1 (愛蔵版コミックス)ママはテンパリスト 2 (愛蔵版コミックス)ママはテンパリスト 3 (愛蔵版コミックス)
ママはテンパリスト 1 (愛蔵版コミックス)
ママはテンパリスト 2 (愛蔵版コミックス)
ママはテンパリスト 3 (愛蔵版コミックス)

ずっと気になっていたのですが、やっと読んでみました。
意外と漫画読むスピードが遅いんです・・・。
(貸してくださった方、すみません。すぐ返します)


読むきっかけとなったのは、この本のAmazon販売比率が異常に高かったことです。

育児なし日記vs育児され日記
逢坂 みえこ
ベネッセコーポレーション
売り上げランキング: 1656


そして、この「ママはテンパリスト」とセットで売れているようだということがわかり・・・。
(Amazonサイト上の「ママテン①」との併読率は6%~8%と表示されていました)


いやぁ。かなり声出して笑いましたよ。


最初は、なんで「ごっちゃん」ってこんなキャラ立ちしているんだろう? なんでこんなに面白いことばかり起きるんだろうと思って読んでましたが、途中で気が付きました。

「ごっちゃん」ではなく、ママの東村先生が面白いんです。

だって、あんなに本気で「鬼」やったり、ごっちゃんのやりたいことに乗っかったりしませんよね。普通・・・。でも、こどものノリに乗っかっていけば、こんなに別世界って開けるんだ・・・とも思いました。

あと、逢坂先生との関連も明らかに。
単に育児マンガということでのつながりだけでなく、内容に逢坂先生とのやり取りや交流の様子がたくさん出てくるので、そのこともあって併読される方が増えるんですね。


ビジネス的に考えると・・・・
育児コミックはいち分野としてしっかり存在し、ネットとの相性も良い気がします。

1)すでに漫画家としてご活躍の先生の出産・育児をテーマにしたコミック。
2)毎日がネタの宝庫なので、どうしても描かずにいられない!残しておきたい!
 と考えている素人漫画愛好家のママ&パパ。


これらのコンテンツはちょっと深ぼってみたい気がしました。

あ、繰り返しになりますが、こちらもよろしくお願いします。
育児なし日記vs育児され日記
育児なし日記vs育児され日記

松崎哲也





[ 2011/01/10 10:42 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。