SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

孫さんから頂いた本を読み返してみる

ソフトバンク 新30年ビジョン
ソフトバンク 新30年ビジョン制作委員会
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 43521


先週の「キュレーターと編集者の違い」に関するエントリーがかつてない反響で、このブログのアクセス数も飛躍的に伸びました。また、Twitterのフォローもたくさんいただき光栄です。記事リツイートも把握できているだけで300RTを超えました。

で、先輩からは「キュレーションネタをすかさず連投せよ」という指示をいただいたのですが、今週末はちょっとバタバタしてまして、いつもの読書メモスタイルで・・・。(笑)


さて、4月から参加させていただくことになった、「ソフトバンクアカデミア」

今からどんなことが起きるのか(起こせるのか)楽しみにしています。それで、最終選考の時に孫正義社長から頂いた「ソフトバンク新30年ビジョン」という本を、改めて読み返してみました。

公演の内容は昨年の6月に見たときの感想が以下のエントリーにあるので、省略。↓
(とはいえ、付録のDVDでもう一度、公演内容は拝見させていただきましたが)
心震えた。ソフトバンク 新30年ビジョン発表会を見て。


今回、心に響いたのは後半の「新30年ビジョンの舞台裏」という章です。
2時間以上もの時間をかけてプレゼンされた、140枚以上のプレゼン資料が、いかにして作られたかという話。から、ソフトバンクアカデミア開講までの背景が語られていました。その概要は以下のとおりです。

■4つのテーマの「30年後」の徹底シミュレーション
コンピューターチップの性能の変化
②(その結果による)ソリューションの可能性
③(その結果による)ライフスタイルの変化
④(その結果による)企業を取り巻く競争環境の変化

■1か月後にファーストドラフト完成
■歴史から生物学まで最終発表の100倍以上の調査
■Twitterで社外の英知を集める
(イントラではなく、オープンな場での検討を決断)

シミュレーション終盤、将来予測が新鮮味がなく、行き詰まり感が・・・
■「30年単位ではなく、300年単位で考えよ」という提案
■「ビジョン検討会は30回以上、のべ100時間以上」
2万人の社員全員が少しでもいいから、30年後のビジョンを考える仕組みづくり
■グループ各社CEO22名によるビジョン発表会。
参加者が相互採点をし、結果を上位から発表。下位ならCEO交代。
思考の過程で必ず社員の意見を集約することが条件に。

■グループ各社代表社員によるプレゼン大会(20組)
各社内でプレゼン大会を勝ち抜いたグループの発表大会。
■日本武道館に全社員2万人を集めた大会にSMAPを呼んで、「世界に一つだけの花」を大合唱
→第2部は東京ドームでのホークスの野球観戦
■研修や育成プログラムはすべて「手をあげないと始まらない」立候補制。
■「新30年ビジョン発表会」の孫社のスピーチはUstreamで配信
■ソフトバンクアカデミア開講
■半年に1回ずつ「入れ替え戦」が行われ、下位10%は新たな入校生と入れ替え。
■「孫の二乗の兵法」公開。
■社外からも約100名のアカデミア生を受け入れ。




特長的なのは、以下の3点かと思います。

■衆智を結集
■すべてオープン
■自主性と競争原理



計画を進めるにあたって、メンバーへの仕事の伝え方・任せ方、モチベーションの高め方、長期ビジョンの考え方など、とても参考になりました。

ソフトバンクアカデミア、とても楽しみです。

松崎哲也






[ 2011/02/28 00:24 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。