SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「応援したくなる企業」の時代

「応援したくなる企業」の時代 マーケティングが通じなくなった生活者とどうつき合うか (アスキー新書)
博報堂ブランドデザイン
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 13705



これまでセオリーとして学んできた「マーケティング」や「仕事の基本動作」、「判断基準」。そういったものを駆使すればするほど、「モノが売れない」という状況を作り出してしまっているのではないか。
この本を読んで、そんな現実を突きつけられて、かなりショックを受けました。全く否定できないからです。

みなさんも毎日の仕事でこんなことを考えていると思います。

■ターゲットをセグメントし、攻略し、落とす。

■差別化のポイントを過去事例から探る。

■ニーズ調査を徹底し、それに応えていく。

■数字で合理的に判断。勘を排除。

■アウトプットを決めてから仕事に取り掛かる。


↑これらはすべて、間違い。不見識。
逆に損失を招いている。

というのが、この本の趣旨です。(乱暴に書いてますが)

コトラー先生のいう「マーケティング3.0」の整理の仕方に近いのですが、「正」(1.0)→「反」(2.0)を超えて、「合」(3.0)
の概念を導入しないといけないというまとめ方です。


乱暴に言うと、
・ルールなしにやりたいことをやるのが1.0
・それを「マーケティング」という概念で整理したのが2.0
・それを超えて、リフレーミング、イノベーションを起こすのが3.0
そうなります。

3.0的な発想をするためには、そもそもの前提を疑ってかかる、「不可思議前提」という視点が必要。

以下にこの本の「正」「反」「合」のまとめを整理します。


「正」(1.0)     「反」(2.0)      「合」(3.0)

送り手発想 ←→ 受け手発想 ]→ コミュニティ発想
※企業と消費者は対立概念なのか?

パイ発想 ←→ シェア発想 ]→ 新市場創造型発想
※競合商品と差別化すれば売れるのか?  (越境力)

機能価値 ←→ 情緒価値 ]→ 思想価値
※ニーズをつかめれば売れるのか?  (スピリッツ力)

定量データ重視 ←→ 定性データ重視 ]→ 非言語データ重視
※数字こそが合理的なのか?          (無意識力)

積み上げ重視 ←→ アウトプット重視 ]→ プロトタイプ発想
※プロセスはあらかじめ決めておくものか? (フレキシブル力)

トップダウン組織 ←→ ボトムアップ組織 ]→ 共創型組織
※組織系統には上下があって当たり前?  (共創力)

会社人間 ←→ 家庭人間 ]→ 公私混同タイプ

※仕事とプライベートは分けるべき?





最後のまとめでは

企業の存在意義は人々や社会になんらかの「しあわせ」を生みだすためにある。


と定義したうえで、以下のように書かれています。

ブランドをつくる行為とは「らしさ」をつくる行為そのもの。「志」を明確にし、ほかにはない「しあわせに関する理念と哲学」をはっきりと持ち、「らしさ」(ブランド)を追求し続ける行為。これこそが次世代のブランディングの在り方。



↑このまとめに深く共感しました。実現は難しいですがここへ向かって突き進みたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
松崎哲也




[ 2011/09/12 00:43 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。