SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レバレッジ人脈術

ノート術→筆記用具→ジェットストリーム→本田直之さんというつながりで、(苦笑) 「レバレッジ人脈術」という本を読みました。

レバレッジ人脈術
レバレッジ人脈術

はっきりいって、苦手です。「人脈づくり」
でも本田さんは「本を読むことよりも重要」とおっしゃっています。
人脈づくりこそ、最強の投資」と。

わかっちゃいる。わかっちゃいるけど、新しい人と交わるのって、
パワーもいるし、気も遣うし、面倒なものです。
ついつい、安穏とした関係性や、気のおけない仲間を優先してしまいます。

もっというと、僕自身は「ひとりきり」を優先してしまいます。

ただ、これまでの経験上、うまく行った時には、必ず助けてくれる、
知恵や力をくれるキーパーソンがいたのも事実。

一人では何もできないことも実感しています。

心を奮い立たせて読みました。


人脈づくりで大切なのは、「その人と知り合うと、何が得られるのか」ではなく、「何を与えられるのか」が大切。もっと言うと単に与えるのではなく、コントリビューション(貢献)できるのか?
ということが一番重要。

■自分自身が会いたいと思われる存在になるために、「自分ブランディング」をし、「情報発信」することが大切。

■そのうえで、相手に対して失礼にならないように、用意周到にアプローチをして、相手を楽しませるための知識の仕込みもぬかりなく。

レバレッジのポイントとしては、「○○の会」といったネットワークを構築して、そういった集まり同士のコネクターとなって、加速度的に人脈を広げていく。




何の異論もありませんが、とても自分にできる自信がありません。
自分の非社交的な面をつくづく感じました。

このあたりが、もっとストレスなくできてくると、たぶん仕事のスケールとかが違ってくるんだろうなー。そう思います。

[ 2009/01/04 00:00 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。