SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「読書進化論」 人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか

図書館で予約してたのが、まわって来たので読みました。

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書)
読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書)

ちょっと、「勝間本」に辟易としてきた感もあるせいか、
急いで作ったせいなのか、これまでの著作の中では
完成度が低いと感じました。

サブタイトルの「本はウェブに負けたのか」の部分から、
メディア論のような内容を期待していたのですが、
その部分に言及した部分は少なく、もっと現実的に
「ウェブがあること前提で、今の本のあり方を考えようよ」
というような内容でした。

また、タイトルにある「読書」(読む)という面だけでなく、
「執筆」(書く)
「出版」(売る)
という観点から書かれているのも、勝間さんらしいです。

執筆の必要性としては・・・
・「本」は個人の発信媒体として、依然、強力である
・上梓することで、自分を「上場」(IPO)できる

本を売る努力としては・・・
・書籍もマーケティングの4Pをちゃんとやればもっと売れる
・秘訣は当たり前のことを「まじめにやる」こと
・リアル書店とネット書店の特長を生かした仕組みづくり
・出版社がウェブ活用でやるべきこと

のあたりが琴線に触れました。

出版業界にいる人にとっては「わかっちゃいるけど・・・」と
耳の痛い話だと思います。
(自分もその一人です)

本の内容は、ちょっと散漫ですが、上記のことを言うだけの
ことはあって、Web連動の仕組みは見習うべきところが
多いです。

読書進化論Web
↑著者の動画メッセージや読者との交流
オーディオブックの販売、「カツマー」向けの
本の内容を補足するコラムなど、充実してます。

勝間和代のBook Lovers (ブックラバーズ)
↑この本の出版を機に始まったブログのようです。
「有言実行」「継続は力なり」は勝間さんの魅力です。


あと、この本にも出てきますが、個人的に注目しているのが
アマゾンのキンドル(Amazon Kindle)です。

小型・薄型の通信機能付きブックリーダーですが、
詳しくはウィキペディアのアマゾン・キンドルをどうぞ。
アマゾン・キンドル


ちょうど、先週、アメリカ在住の方から、最近発売されたキンドル2をみせて
もらったのですが、非常フォントの表示もクリアで読んでもつかれなさそうでした。
キンドル2

それでも、まだ、ちょっと大きすぎ?という感じですが。

ビジネスモデルとしても注目です。
書籍の販売ではなく、新聞の配信や通信などで儲けようとしているようです。

朗読機能が付加されたアマゾンの電子書籍リーダー「キンドル」新モデル





[ 2009/03/29 20:53 ] 書評 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。