SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心に響くウェブ動画マーケティング

昨日の内容の夏野剛さんといえば、今や「ニコニコ動画」のヒトです。
「ニコ動」を黒字化する!という目的で、取締役に就任されました。

動画つながりで、今週読んだ1冊を。

心に響くウェブ動画マーケティング。 貴社がYouTube・ニコニコ動画ブームに乗れない理由。
心に響くウェブ動画マーケティング。 貴社がYouTube・ニコニコ動画ブームに乗れない理由。


動画をマーケティングの一部として、利用していくためのポイントを説いた本です。

ヒットする動画に共通しているのは「おもしろさ」にあるのだけど、それは、必ずしも「笑えるもの」ということではない。


共通しているのは「いかにコミュニケーションを誘発するか」ということと
「熱量があるか?」ということにある。

「熱量」とは、ばかげたことを一生懸命やる行為や、ごく一部の人だけにうけようとする
親切心など、とにかく力を入れて取り組み熱意が感じ取れる動画が、強い支持を受ける
傾向が強い。

実例として、「時をかける少女」「ねこ鍋」
「ブラビアボール」
↑これ、超おすすめです。僕はこれでブラビアが好きになって、ブランド指名で買い替えました。
BRAVIA Commercial 【Ball】 Extended high quality


「初音ミク」「パフューム」などを挙げていました。


大切なのは、視聴数の多さではなく「熱量」である、と。

特定の人に強く支持されることから、周辺の人々への伝播が始まるというスタイルが、動画マーケティングのコツであると、書いてありました。

なかなか動画を使ったうまいマーケティングができずにいますが、何かゲリラ的な新しい発想で
考えないといけないのかもしれません。

ニコニコ動画が素晴らしいのは、動画そのものではなく、動画をもとにしたコミュニケーションこそに価値がある、と見切っているところです。

だから、ニコ動はYouTubeとは、全く違うサイトと言っています。
↓参考リンク
ひろゆき氏、新ニコ動は「あさっての方向に進化」

今週は以上です。

PS
今週は自転車で20キロ走りました。だいぶ扱いにも慣れてきた。
結果として、ほとんど車を使わなくなった。
半面、スイムは1.5キロで終わってしまった。
途中で妙に勝負を挑んでくる人がいて、オーバーペースでガンガン泳いでいたら、
バテてしまいました。マイペースを守るのが大切ですね・・・。

[ 2008/10/27 00:00 ] Web | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。