SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛行機のオンデマンド映画上映っていいですね

たった今、アメリカ出張から帰ってきました。
ちょっと、疲れているので、ライトなアウトプットを。

往復の飛行機がオンデマンド放映対応機だったので、合計6本の映画を見ました。

点数の高い順に紹介です。


↑ダスティン・ホフマンの不器用な壮年役がたまらなく、哀愁にあふれています。
ちょっと、設定に無理を感じなくもないですが・・・


↑これ、見逃してたのです。見れてよかった。生きること、死ぬこと、いろいろ考えました。ラストはあそこまで描く必要があったかな?
でも、とても良い映画です。


↑期待していなかった割に、見た後に残るものはいちばん大きかったかもしれません。
ラストでは、きちんとバランスをとる作り方をしていたのも、高評価のポイントです。
ジムキャリーはやっぱり、こういう役がお似合い!


↑タイトルの日本語訳にものすごく悩んだのですが、邦題は「そんな彼なら捨てちゃえば?」と言うそうです。うん、ナイスネーミング。



↑映像が半端なくすごいとおもったら、監督はなんと、レニー・ハーリンでした。
どうりで! 眠気さましにはぴったりな作品でした。
最初から12ラウンドあるってわかっているのに、先の展開が全く読めません。

デュプリシティ


↑ちょっと、話の筋がややこしい。寝不足の頭ではストーリーに追いつくのが精いっぱいでした。
[ 2009/07/12 21:23 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。