SLツーシン

いつもSmileでいたいと願うLeaderの、日々の気付きをとりとめもなく書き留めたブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

口コミを創出する動画の使い方 The T-Mobile Dance

先日の大柴ひさみさんの講演会で教えてもらったのですが、
YouTubeを使った、非常に面白いプロモーションだったので、
紹介します。

まずは、この映像を見てください↓
イギリスのT‐Mobileという携帯電話のCFです。



このような衝撃的な出来事に遭遇したとき、携帯で誰かに伝えたくなるし、
写真や動画を撮るのは携帯電話でしょ?! という意味での、広告だと思います。
もちろん、この動画を見たという経験も含めて。
最後に「さあ、シェアしましょ!」という、メッセージがでてきます。


このCFの仕組みとしてすごいことは、まず、このような↓ティーザー広告を
流していたそうなのです。


このティーザー広告では
16日の金曜の午後9時10分に4チャンネルをみなさいよ
と言っています。大げさな演出感が、まさに「じらし」です。

そして、その日、その時間に冒頭のCFが流れるのですが、
このCFの最初には
15日月曜の午前11時にリバプールの駅にて
と流れます。

そうです、なんと放映の前日の出来事なんです。
このスピード感も話題作りに大切なポイントだと思われます。

このプロモーションのポイントは、
たった1回のCF放映の効果をどこまで最大化できるか?
ということだと思います。

もちろん、この映像はYouTubeにアップされていて、
プロモーション上はこちらでの視聴をメインに考えられていると思います。

実際1300万回以上も閲覧されており、半年後になっても、こうやって、
外国の一般人のブログにも紹介されているわけです。(笑)

放送局泣かせではありますが、YouTube時代の広告のあり方として
わかりやすいパターンだと思い、紹介しました。

ほかにも、YouTube上では、このようなメイキングCFも流していたようです。
(深夜のリハーサル風景)


ブランドとのエンゲージメントって、こういうタッチポイントで生まれる気がします。






※記事を書いた後に見つけたのですが、本当の真相はこういうことらしいです。
http://www.virtualwalker.net/archive/2009/02/11190000.php
なおのこと、このプロモーションのすごさに気付きました。



ちなみに3曲目に使われているノリノリの曲は
PCG(The Pussycat Dolls)のDon't Chaです。

僕は、この曲のあたりで、腰が動いてしまいました。(笑)
しかし、この曲が「クラシックな曲8曲」に入れられてしまうんですね・・・




[ 2009/07/20 00:42 ] Web | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

最新記事
プロフィール

松崎哲也 (love365)

Author:松崎哲也 (love365)
ベネッセで雑誌とWebのメディアマーケティングを担当する部門のブチョー。ソフトバンク・アカデミア外部1期生(現在参加中)。
「発信内容は個人の意見であり、必ずしも組織の見解と一致しているわけではありません」

FC2カウンター
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。